その他

孤独死の検死と時間|孤独死の発見から葬儀までの時間や手続き

孤独死の実情調査のひとつに、独立行政法人都市再生機構が運営管理している賃貸住宅の約75万戸を対象にしたデータがあります。 死亡後、1週間以上が経過して発見された件数のうち、孤独死と断定された件数は平成26(2014)年度には186件、その...
その他

生前葬のやり方と考え方|費用の目安と参列者に伝えておくべき事

生前葬はする方はまだ多くはないですが、生前葬を希望する方はのほとんどは自分が生きているうちに「お世話になった人に、縁のある人にお礼を言いたい」ということで葬儀をしています。 生前葬の形式には、カラオケ大会から立食パーティといったくだけ...
その他

遺体安置の期間|安置方法や安置場所による費用の目安

かつてダイアナ元妃が亡くなった時、宮殿に遺体を一週間ほど安置して国民が宮殿前に押し寄せている映像が流れていました。 気候の違いが大きいでしょうが蒸し暑い日本では、亡くなったその日や翌日にはお通夜をして葬儀・告別式をする日程がほとんどでしょ...
その他

無縁仏の手続き|将来お墓を無縁仏にしないための選択肢について

継承者のいなくなったお墓に祀られている故人を無縁仏と言います。 無縁仏となった遺骨は、菩提寺や墓地の管理者により供養され処分されているのです。 こうした継承者のいなくなったお墓の遺骨は、永代供養墓に納めて長期的に管理しているお寺もありま...
宗教・宗派

時宗の戒名に多い男性の「阿号」女性の「弌号」|時宗の教えの特徴など

日本人に多い仏教でのお葬式、その仏教の中で「時宗(じしゅう)」という宗派があります。 時宗の戒名には他の仏教の戒名と違う点があり、男性には「阿」号を女性には「弌(いち)」号を付けることが多くあります。 時宗の戒名の考え方と付け方について...
宗教・宗派

浄土真宗の享年と行年の違い|位牌や墓石の彫刻について

享年(きょうねん)と行年(ぎょうねん)はどちらも「亡くなった年齢」のことですが、少し数え方と意味が違います。 享年は数え年と同じように命を受けた時から数え、行年は生まれてから修行した(生きた)年数を数えたものです。 亡くなった時の年齢を...
通夜・告別式

死装束は左前とされる理由と白装束が定着した経緯

洋服のボタンは「男性が右上」と「女性が左上」の区別がありますが、和服の着付けは男女区別なく右前(右手が懐に入れられる状態)になるように着ます。 うっかり左前に着てしまうと「縁起が悪い」と言われ注意されます。 その理由は左前に着るのは死装...
その他

火葬許可証は火葬後に埋葬許可証に|紛失時の対応と再発行できる期限

昔は日本でも土葬が一般的でしたが、明治以降から少しずつ火葬へと移行してきました。 諸外国に比べ土地が少ない日本では、衛生面も考慮すると火葬が最も合理的というのが主な理由です。 そして現在では日本の火葬率は99.9%となり、お葬式が終わっ...
生前準備~ご臨終

余命1ヶ月の宣告を受けてからの考え方|本人と家族ができること

生命保険などでも「余命宣告」で給付が受けられるリビングニーズ特約もあるほど、余命宣告は聞き慣れた言葉になってきました。 しかし、実際余命宣告を受けた人や家族はそんなに大多数ではありません。 余命を1ヶ月と宣告された場合、容態はどのような...
その他

【事故死の葬儀】遺体引き渡しまでの期間と遺族が注意すること

平成27年の統計では1年間の死亡者数129万人のうち、約38,000人の方が不慮の事故で亡くなっています。 事故による死亡は、あらかじめ予測され覚悟が伴う病死とは異なり、残された家族や関係者に大きな経済的また精神的な負担を強いることが多い...
宗教・宗派

浄土真宗の初七日のお布施|金額の相場や包み方と渡し方

初七日は、亡くなってから7日目の日に行う仏教の法要のことです。 仏教では亡くなった方は、7日毎の節目の日に審判を7回受け、49日目に最後の審判を受けた後成仏すると言われています。 特に初七日と四十九日(満中陰)は重要な法要と位置付けられ...
生前準備~ご臨終

余命3ヶ月の癌と宣告されたときに出来る事|最期を飾る自分らしい選択

2013年の統計ですが、生涯に何らかの癌(がん)が発症する確率は2人に1人(男性で62%、女性で46%)という衝撃のデータがあります。(国立がん研究センターの統計) 既に癌は私達の身近な病気になっていて、癌になった時のために保険等で医療費...