生前準備~ご臨終

葬儀のための寝台車|料金の目安と長距離搬送が必要な葬儀での考え方

人が亡くなった場合、亡くなった場所から遺体を搬送しなければなりません。 その時に使われるのが「寝台車」と呼ばれる車です。 亡くなった人を乗せる車として、他にも「霊柩車」があります。 「寝台車」と「霊柩車」、この2つの車の違いは何で...
法事・法要

お線香はいつまであげる?四十九日までに使う線香の種類とあげ方

葬儀を終えた後、まず一区切りとなるのが四十九日です。 一般には、四十九日までが忌中(きちゅう)となり、結婚式やお祝い事の出席、神社への参拝は控えるようにします。 神社への参拝を控える理由は、神道では死は穢れ(けがれ)という考えがあるため...
通夜・告別式

火葬場に残された骨の行方|一般的な処理方法と残骨灰売却制度

どんな人でも亡くなると、火葬され最後は骨になってしまいます。 骨となった後は遺族により収骨が行われますが、火葬場には収骨しきれなかった骨や灰が残ります。 この残された骨や灰の行方、どうなるのか気になりませんか? あまり知られていま...
生前準備~ご臨終

警察の霊安室で行われる検視|遺体の保管から葬儀までの流れ

「検視」とは、事件や事故で亡くなった人の遺体の状況を検査することと一般的に捉えられています。 こういうケースは起きてほしくありませんし、また滅多に起こることではないと思いますよね。 しかし、この「検視」は自宅で亡くなった場合でも行わ...
宗教・宗派

臨済宗の戒名料|没後戒名の相場と生前戒名が勧められる理由

戒名とは、亡くなった人につけられる名前と考えられていますが、実はそうではありません。 戒名は、仏様の弟子になった証としていただく名前のことで、生前に授かっておくことが本来の姿です。 臨済宗は、坐禅することによって悟りを得ることをめざ...
通夜・告別式

冠婚葬祭でも仕事が休めない!葬儀に行けない時の弔意の伝え方

会社の就業規則はその企業の考え方が反映され、多くの場合、肉親以外の方が亡くなった場合の忌引き休暇は取れません。 さらに、予定外の有給休暇がとれないことも多くあります。 特に訃報は予定などしているものではないですし、結婚式のように事前に出...
通夜・告別式

葬儀でのお車代の考え方|金額の相場と包む封筒の書き方

葬儀の準備は、短期間のうちに色々なことを進めなければならないので大変です。 中でもお布施、お車代の金額は「お気持ちで」と言われる事が多いので、頭を悩ませますよね。 お布施と一緒にお渡しする事が多いですが、そもそも「お車代」とは一体どうい...
法事・法要

お供えはいつ渡す?お仏壇にお参りするときのマナーと品物の選び方

法要などに参列するときにお供え物が必要かどうかや、用意するなら何が良いのかと悩むことがありませんか? 法要は、普段あまり顔を合わせない親戚や故人の知り合いが集まる場所です。 マナーをおさえて、施主やご遺族に失礼のないようにしたいとこ...
法事・法要

喪服の上着なしは不作法|男女別・学生・幼児の夏の喪服のマナー

お葬式に参列するときは、基本的に喪服であり黒い服装でないと失礼になりますね。 上下を黒いスーツ、ほとんどの方はそう認識しているでしょう。 地球温暖化で温度が上昇しつつある現在、蒸し暑い時期に上着を着るのは大変です。 猛暑の時期のお...
宗教・宗派

浄土宗の引導|引導下炬(いんどうあこ)の意味と葬儀の流れ

浄土宗では、葬儀の時に故人を極楽浄土に導くため大事な儀式があります。 浄土宗の引導下炬(いんどうあこ)は、葬儀で最も大切な儀式です。 「あこの儀式」とも呼ばれています。 浄土宗の引導下炬の儀式と葬儀の流れについてご紹介します。 ...
宗教・宗派

天理教の一年祭の服装|霊祭式のマナーや香典袋の書き方について

天理教は奈良県に本拠地をおく、江戸時代末期に誕生した新興宗教です。 日本古来の神道とも異なり、新しい神道と位置付けられています。 そのため葬儀の形式は、仏式より神式に近い葬儀が行われています。 天理教の場合「死」を「出直す」ととら...
通夜・告別式

哀悼と追悼の違いと使い方|弔問時に使える宗教別のお悔やみの言葉

葬儀の時に遺族にお悔やみの言葉をかけますが、弔電では「哀悼の意を表します」と「哀悼」という言葉を使います。 同じ死を悲しむ言葉に「追悼」という言葉があります。 この二つ大変良く似ていますが、じつは使い方に違いがあります。 哀悼は悲しみ...