通夜・告別式

通夜に参列する子供の服装|赤ちゃんを連れていく場合に注意したい事

お通夜に参列するときのマナーは「急ぎ駆け付ける」ことが多いため、平服でもよいとされています。 大人の平服というと男性はお勤め先から直接参列することが多く、色を抑えたスーツに黒っぽいいネクタイで参列するのが一般的。 女性も黒や紺といったス...
宗教・宗派

土葬と火葬の歴史は日本の土地事情による合理的な選択

日本では火葬の割合が限りなく100%に近いですが、世界的にみると火葬の割合は67%、お隣韓国では49%です。 火葬の比率が世界一の日本ではその歴史はながく、弥生時代以降の古墳から出土した火葬骨から、弥生時代には火葬が存在したと考えられてい...
通夜・告別式

訃報を仕事上の取引先に伝える際の例文|葬儀の情報を伝えるポイント

突然知らされることがほとんどという訃報、内容が内容であることから伝え方にも気を使います。 また伝える方法も様々な伝達手段が発達している現代では、どの伝達手段をとればよいのかのマナーも気になります。 訃報を伝える際ははスピードと必要な情報...
法事・法要

【宗教別・法要別】法事の引き出物の熨斗(のし)の書き方と使い方

法事などで参列者にお渡しする引き出物や、葬儀の香典返しなどにはのし紙がついています。 のし紙の表書きには様々な種類があり、使用する時期や宗教などによって使い分けられています。 不祝儀の引き出物や返礼の品、お供物にかけるのし紙につ...
通夜・告別式

密葬の費用の相場と金額が安く抑えられる理由

密葬は、家族やごく親しい間柄の方のみで行う小規模な葬儀のことで、通常は三親等以内の人で執り行います。 密葬による葬儀は、大まかな流れに違いはありません。 一般葬より費用が抑えられるとされていますが、密葬の葬儀と一般葬の費用の差は「会...
通夜・告別式

葬儀の際に僧侶を呼ぶ費用|お布施の相場や包み方などのマナー

お葬式では僧侶による読経が欠かせませんが、僧侶へ支払う費用=お布施の金額は気になりますよね? お布施の相場 お布施の包み方 僧侶へのお布施の渡し方 葬儀にかかる僧侶へのお布施の金額(費用)や、包み方や渡し方なども...
葬儀後に必要なこと

葬儀に行けない時の後日弔問時のマナー|事前の連絡や服装について

突然の訃報、葬儀の案内をいただいたのにどうしても参列できない時もあります。 遠方だったり家を留守にできなかったり、事情は様々ですが心苦しい気持ちで悩むことも多いですね。 お世話になった方や親しくしていた方と最期のお別れに行けない場合、後...
宗教・宗派

臨済宗のお経にある喝の意味と4つの教義について

「喝!」と勢いよく一撃を放たれるような言葉は「臨済宗といえば喝」というほどかかわりの深いものです。 日本に伝来した臨済宗などの禅宗は、教えの伝達を文字や経典にたよらず仏の心=「正法 (しょうぼう)」を師匠から弟子へと直接伝えていくことを宗...
生前準備~ご臨終

病院でもらう診断書の金額目安と【用途別】もらう際の注意点

病気で仕事を休む時や事故にあった時など、会社への届け出や加入している保険に給付金を請求する時などに病院でもらえる診断書が必要になります。 もちろん健康保険は適用されませんし、金額も全国の病院で一律ではありません。 診断書をもらわなくては...
宗教・宗派

二礼二拍手一礼が一般的な礼拝作法、出雲大社は特例のひとつ

多くの神社の場合お参りした時、拝殿で礼拝する作法は二礼二拍手一礼です。 「礼」を「拝」と表現している場合もあります。 「拝」は頭を下げる姿勢をとる時、背中を平らにして上半身を90度に折る深い「礼」のことをいいます。 この作法はすべての...
通夜・告別式

通夜振る舞いのマナー|参列する側と喪主側で抑えておきたいポイント

お通夜に参列した後参列者に食事が振る舞われる事があります。 これを「通夜振る舞い」といいます。 通夜振る舞いは、故人を偲ぶ場として簡単なお食事とお酒が提供されます。 「故人の供養になるので」とこの通夜振る舞いを勧められることがあります...
葬儀後に必要なこと

死亡手続きと銀行口座の凍結|遺産分割協議と相続税の申告

「故人の名義の銀行口座に預金がある」そんな時、その預金を遺族といえど自由に引き出すことはできません。 亡くなってしなった方の銀行口座の預金は、相続の扱いになるため引き出しや解約などが一旦凍結されると言われています。 遺産になった銀行口座...