ご遺体の空輸料金の【徹底解説】国内外から搬送する場合の料金や手順とは

「治療の関係で実家から遠い病院に入院していたけど、葬儀は実家でしたい」
「海外で家族が亡くなってしまった。日本で葬儀をしたい」

このような場合、空輸もしくは陸路でご遺体を搬送する必要があります。

大切なご家族が亡くなるのはとても悲しいことです。
それが突然の出来事であれば、ご家族のショックは相当なものだと思います。
しかし、故人を安らかに送り出すためにも、速やかに準備して葬儀に臨みたいですよね。
この記事ではご遺体の搬送について説明します。

 

スポンサーリンク

 

遺体を空輸した方が安くなる目安は500km

ご遺体を搬送する方法は空輸か陸路の二つです。
「空輸は高い」というイメージがありますが、距離によっては陸路より安くなることもあります

 

陸路の場合にかかる主な費用


出典:お葬式ナビ

ご遺体の搬送と葬儀を同じ葬儀社に依頼する場合、10kmまでの搬送は定額料金に含まれているのが一般的です。
10kmを超える場合は別途費用が発生します。
また、葬儀をする葬儀社はゆっくり決めたいと考え取り急ぎ病院からご自宅までの搬送のみを葬儀社に依頼する場合や、ご遺体搬送専門の業者に依頼する場合もあると思います。
ご遺体を陸路で搬送する場合の費用は距離に応じた搬送費用、ドライアイスなど必要物品の付帯品費用、実費負担や割増等のその他費用に大別されます。

搬送費用
・距離に応じて加算される
・10kmまでは1,2000円から20,000円
・その後10kmごとに2,000円から5,000円が距離に応じて加算されるという料金体系が多い

 

付帯品費用
・防水シーツ(2,000円から4,000円)
・ドライアイス(6,000円から10,000円)
・お棺、仏衣、枕かざりなど(40,000円から80,000円)

 

その他費用
・フェリー、高速代、有料道路などの実費負担
・依頼者都合で1時間以上待機した場合の車両留置料(1時間5,000円から6,000円)
・長距離で交代が必要など、搬送助手が必要な場合の人件費
・北部を経由する場合の冬季割増料金
・午後10時から午前5時の夜間搬送の場合の割増料金(30分ごとに1,000円、搬送費の1割など)

 

費用実例

東京-大阪
(500km)
16万円~26万円
東京-神奈川
(45km)
2万円~4万円
東京-静岡
(180km)
5万円~10万円
東京-福岡
(1,100km)
28万円~45万円

自家用車でご遺体を搬送する場合の留意点については、下記の記事で詳しく解説されています。
関連 県外へ遺体を搬送する場合の方法と費用&自分で運ぶ際の注意点など

 

空輸の場合にかかる主な費用


出典:安心家族葬のひまわり

空輸の場合「病院等へのお迎え」「搬送用の棺」「ドライアイス」「人件費」などがセットになったプランが主流です。
故人の体重、お棺(10-20kg)、ドライアイス(15kg)の総重量100㎏までが料金の基準となっており、5kg増えるごとに超過料金5,000円前後が追加されます。

業者によって料金は多少異なりますが、500km前後から空輸の方が割安になることがあります。

 

スポンサーリンク

 

国内を空輸する場合の流れと料金の目安

費用を比較検討し、空輸を選択した場合、具体的に手続きを進める必要があります。
空輸でご遺体を搬送する場合の注意点や手続きの流れを説明します。

 

国内で遺体を長距離搬送する場合の注意点


出典:株式会社中原屋葬祭センター

葬儀をするには、役所に7日以内に死亡届を提出し火葬許可証をもらう必要があります。
死亡届を提出できる役所は「死亡場所」「故人の本籍地」「届出人の住所地」のいずれかです。
搬送後に死亡届の提出に手間取ることがないよう、ご遺体の搬送を依頼する葬儀社(業者)が決まったら、手続きの代行もあわせて依頼するといいでしょう。
死亡届は死亡診断書と一対になっており、死亡診断書は担当した医師から交付してもらいます。

また、業者によっては代金を現金で前払いする必要があるため、その点も留意しておきましょう。

 

空輸する場合の葬儀までの流れ

ご遺体を国内で空輸する場合、下記のような流れになります。
ご遺体を搬送する葬儀社は病院から紹介されて決めることも多いですが、搬送してもらった業者に葬儀まで頼まなければならない決まりはありません。
ひとまず搬送のみを依頼し、葬儀についてはゆっくり検討するのも一つです。

  1. 業者を選び、故人の「名前・性別・身長・体重」等必要事項を伝える。
  2. 業者が病院や施設に向かい、死亡診断書等の必要書類を預かる。
  3. 航空便の日時を決め、業者が飛行機を手配する。
  4. 現地葬儀社を決め、搬送を依頼する。
  5. 業者が空港へご遺体を搬送し、申請手続きや支払い等を行い、航空会社に引き継ぐ。
  6. 現地の葬儀社がご遺体を搬送し、安置する。
  7. 現地で通夜、葬儀、告別式をする。

 

スポンサーリンク

 

海外へまたは海外から空輸する場合の流れと料金の目安

最近は海外旅行中や留学中などに不慮の事故で亡くなってしまうこともあります。
現地で火葬・土葬するには埋火葬許可証が必要となり、大使館や領事館を通じて本籍地に書類を送付するため、発行まで二週間ほどかかるといわれています。
この間、ご遺体を安置しておかなければなりません。
このことから、旅行中・留学中など本籍地以外で亡くなった場合、ご遺体を本籍地に移送することがほとんどです。

 

海外へまたは海外から空輸する場合の手続き

ご遺体を海外へまたは海外から空輸するには、一般に下記のような手続きが必要です。

  • 医師から死亡診断書をもらう
  • 安置場所を探し、手配する
  • エンバーミングが必要な場合エンバーマーを手配し、防腐証明書をもらう
  • 通関に必要な書類をそろえる
  • 航空便を予約する
  • ご遺体を納棺・梱包し、爆発物検査を行い、各種証明書をもらう
  • 空港へ搬送する

エンバーミングとは衛生保全のために防腐・殺菌処理をすることをいいます。
納棺梱包や航空運送の手続きについては、国によって異なるため現地の領事館への確認が必要です。

エンバーミングについては下記の動画で詳しく解説されています。

 

海外へ空輸する場合の費用の目安

日本で亡くなられた外国人の方のご遺体を海外に空輸する場合、下記のような費用が発生します。

基本料金    25万円から50万円
(書類作成手続き代行、防水シーツ、航空輸送専用木棺、梱包一式、納棺手数料等)
ご遺体保管   1日1万円
ドライアイス  5,000円から8,000円
ご遺体搬送   15,000円から20,000円
エンバーミング 12万円から20万円
大使館領事部諸手続き料金(書類作成や翻訳)  各国大使館による
航空貨物運賃  重量による
航空運賃   アジア9万円、中南米65万円
燃油サーチャージ、通関業者手数料、爆発物検査料等の諸経費

 

航空運賃を除いて50万円から100万円はかかると考えた方がいいでしょう。
また、送還先の国によってはご遺体を納める棺や空輸ケースに規定がある場合があります。
大使館や領事館に確認しながら進める必要があります。

 

海外から空輸する場合の費用の目安

海外で亡くなった場合、死亡確認や役所での各種手続きにも通訳が必要になります。
現地の葬儀社に空港での手続きを依頼する場合、現地通貨によって費用は変わってくるでしょう。
 
また、エンバーミング費用も日本と同程度の場合もあれば、50万円・150万円と高額になるケースもあります。
日本国内では木の棺を使いますが、金属の棺を使うことが義務付けられている場合、数十万かかることもあります。
このため一概に費用の上限を明示していない業者が多いのが現状です。
目安としてのパッケージ料金の下限は下記の通りです。

アジア圏 90万円から
ハワイやロシア 100万円から
北米 150万円から
アフリカ、南米 140万円から

 
もちろん海外旅行保険から補てんされる部分もありますが、全体では数百万円はかかることを覚悟した方がいいでしょう。

 

まとめ

ご遺体の搬送について、国内であれば大体500kmを超えると空輸料金が割安になります
葬儀社にはご遺体の搬送のみ依頼し、葬儀をする葬儀社は別途手配することもできるので、必要に応じて使い分けましょう。
海外で亡くなった場合現地での火葬・土葬が難しい場合があります。
保険に入っている場合は補償内容をすぐに確認し、大使館・領事館に確認しながら手続きを進めましょう。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
yayakoをフォローする
人生のエピローグ