葬儀場の種類や費用を徹底比較!「公営」「民営」の特徴について

全国に葬儀場はたくさんあり、何を見て選べばいいのかわかりませんよね。

選ぶ際には「費用」だけでなく、「特徴」「注意点」も把握しておきましょう。

  • 葬儀場にかかる費用は経営母体によって大きく異なる
  • 葬儀にかかる費用の内訳

この記事では、葬儀場の選び方や葬儀全体にかかる費用について解説します。

 

スポンサーリンク

 

葬儀場にかかる費用は経営母体によって大きく異なる

葬儀場には、大きくわけて「公営」「民営(企業・寺院)」の2つがあります。

  • 公営斎場は住民登録の有無で変わる
  • 葬儀社が運営する葬儀会館は20~30万
  • 寺院・教会の本堂は信徒のみ
  • 地域やマンションの自治会館で可能なところもある

まずは葬儀場の経営母体によって異なる内容について解説します。

 

公営斎場は住民登録の有無で変わる

出典:公営斎場案内センター

公営斎場は市町村などが運営している斎場で、こんな特徴があります。

公営斎場の特徴
  • 宗旨・宗派を問わず利用できる
  • 火葬場を併設していることが多い
  • 利用金額が安い
  • 予約が多く混んでいる
  • 基本的に地域住民しか利用できない

 

民営に比べて費用を安く抑えられますが、その地域に住所登録のある人しか利用できません。

 

住んでいる地域にもよりますが、公営斎場の利用料は5~10万円程度です。

 

葬儀社が運営する葬儀会館は20~30万

葬儀社や寺院が経営する葬儀会館にはこんな特徴があります。

民間斎場の特徴
  • 立地や設備の面で公営より有利
  • 顧客のニーズに合わせて様々なプランがある
  • 予約に空きがある
  • 公営斎場に比べて費用が高い
  • 寺院所有の斎場は宗旨・宗派が問われる

 

公営斎場は予約が取れず、お盆やお正月は数日待たされることもありますが、民営の葬儀会館であればその心配はありません。

民営の葬儀会館の利用料は20~30万円程度です。

 

寺院・教会の本堂は信徒のみ

檀家や信徒なら葬儀場に寺院や教会の本堂を使えるので、迷うことはありません。

 

ただし寺院や教会が葬儀社を兼営している場合がありますので、まず確認をしてから進めましょう。

 

地域やマンションの自治会館で可能なところもある

出典:博善社

 

葬儀は6畳の部屋が2室程度のスペースがあれば、最低限のお式を出すことが可能です。

 

お住いの地域の自治会館等を葬儀に利用できるところも多く、費用を安く抑えることができます。

またマンションによっては敷地内の自治会館で葬儀を執り行える場合もありますので、住んでいる人は規約を確かめましょう。

 

関連記事下記の記事では斎場と火葬場の違いについて解説していますので、合わせてご覧ください。

斎場と火葬場の違い|運営母体とメリット&デメリット
一般の参列者には葬儀の案内には「斎場」または「葬儀場」などとあります。 告別式の後に火葬に立ち会う遺族や親戚には「火葬場」にて火葬、骨上げ後の初七日法要といった日程の説明があります。 動画引用元URL: 格安・安い 直葬火葬...

 

スポンサーリンク

 

葬儀にかかる費用の内訳

  • 葬儀の費用は3つにわけられる
  • 葬儀一式の費用
  • 飲食接待費
  • 僧侶等へのお礼

納得のいく葬儀をするために、葬儀費用の内訳についても知っておきましょう。

 

葬儀の費用は3つにわけられる

葬儀を依頼する人の多くは知識がないために、下記のようなトラブルが起きやすくなっています。

  • 葬儀社より過剰に盛大な葬儀を提案されて高額になった
  • 最初の見積り金額では安いと思ったが、葬儀を進める中で次々とオプションが追加され、請求書を見てびっくりした

 

日本消費者協会によると、葬儀全体にかかる費用の全国平均は195万円といわれます。

 

ここでいう葬儀費用とは「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「寺院費用」の3つです。

 

出典:ベルコ

 

葬儀一式の費用

「葬儀一式の費用」はご遺体の搬送や葬儀、火葬などに必要な物品、人件費、車両代などが含まれた費用です。

一般的に「葬儀プラン」と呼ばれている費用であり、全国平均は約121万円となっています。

 

葬儀の内容によって大幅に抑えることができるのは、この「葬儀一式の費用」です。

 

飲食接待費用

「飲食接待費用」は通夜から告別式にかけて振る舞う飲食費などで、参加人数が多いほど費用がかかり、「葬儀一式の費用」とは区別して考えてください。

一般的な形式の葬儀における「飲食接待費用」の全国平均は約30万円となっています。

 

おおよその費用は、通夜式後の「通夜ぶるまい」と、火葬後の「精進落とし」の参加人数に、1人前あたり4千円程度かけることで予算を立てられます。

 

僧侶等へのお礼

僧侶に読経や戒名授与のお礼として渡すお布施の費用です。

 

一般的な葬儀の場合、通夜での読経から告別式や火葬時の読経までを依頼します。

 

費用相場は約47万円となっていますが、地域や依頼するお寺によって幅がありますので、あくまで目安として考えてください。

 

下記の動画では「誰が葬儀費用を負担するのか」を解説しています。

 

葬儀費用は誰が負担しなきゃいけないの? 87回 葬儀・葬式ch

 

まとめ

  • 「公営」の葬儀場は安いが地域住民でなければ利用できず、人気があるため予約が取りづらい
  • 「民営」の葬儀場は「公営」より高いが、顧客のニーズに合わせて様々なプランが用意されている
  • 檀家や信徒の人は、お寺や教会で葬儀社を決めていることがあるのでまず確認
  • 葬儀費用は大きく分けて3つあり、中でも「葬儀一式の費用」は内容によって安く抑えられる

「よくわからないから葬儀社に任せていたら想以上に葬儀費用がかかった」という話はよくあります。

後悔しないように、費用における事前知識を持った上で葬儀を進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ