永代供養をする時の位牌の処分費用|仏壇も魂抜きが必要

「自宅で供養しなくなった場合の仏壇や位牌の処分はどうするの?」

永代供養を検討しているのであれば、仏壇や位牌の処分方法や費用が気になるところです。

  • 永代供養にする時の位牌の処分
  • 永代供養にする時の仏壇の処分
  • 永代供養のお墓に改葬する手順と費用

この記事では、永代供養墓にするときのポイントについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

永代供養にする時の位牌の処分

出典:滝田商店

  • 永代供養のお墓に改葬する手順と費用
  • 永代供養で引き受けてもらう
  • お焚き上げをしてもらう時の費用相場

まずは永代供養にする時の「位牌」の処分について解説します。

 

やむを得ず位牌を手放さざるを得なくなった場合に、「永代供養で引き受けてもらう」か「魂を抜いてお焚き上げ処分する」の2通りがあります。

 

永代供養で引き受けてもらう

1つ目は位牌の存在や形を残したまま手放す方法です。

 

永代供養とはお寺や霊園が遺骨や位牌を預かり、供養や管理をする供養方法です。

 

菩提寺がある場合は、まず相談をしてみるのがいいでしょう。

もし付き合いがない場合でも、永代供養を受け付けているお寺や霊園はたくさんあるのでご安心ください。

 

お焚き上げをしてもらう時の費用相場

2つ目の「魂を抜いてお焚き上げ処分する」は位牌の形を残さない方法です。

 

最初に位牌を作った時、お寺にお願いして「魂入れ」という儀式をした覚えはありませんか。

 

位牌は「魂入れ」によって故人やご先祖様の魂が宿るため、日々の供養や感謝の気持ちを伝える対象物になります。

 

位牌を処分する際にも、まず「魂抜き」という儀式をする必要があります。

 

「魂抜き」は、「閉眼法要」や「お性根抜き」ともいいます。

 

「魂抜き」の御布施の相場は3万円とされています。

なお「お焚き上げ費用」は、魂抜きの御布施に含まれているので別に用意する必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

永代供養にする時の仏壇の処分

出典:メモリアル仏壇

  • 魂抜き・閉眼供養を行う
  • 供養後の仏壇の処分方法

続いて永代供養にする時の「仏壇」の処分方法について解説します。

 

魂抜き・閉眼供養を行う

永代供養は自宅では供養をしないので仏壇を置いておく必要はありませんが、「魂入れ(開眼法要)」の儀式をしているのであれば、「魂抜き(閉眼法要)」の儀式をします。

 

「魂抜き(閉眼法要)」によって、仏壇は故人の魂を納める役割を終えて木の入れ物へと戻ります。

 

地域によって異なりますが、「魂抜き(閉眼法要)」のお布施の相場は1~10万円です。

 

供養後の仏壇の処分方法

閉眼供養を終えてはじめて、仏壇を処分することができます。

処分方法は次の通りです。

お寺に引き取ってもらう

菩提寺がある場合は、閉眼法要後に引き取ってもらえる場合があります。

またお寺によっては、菩提寺の関係でなくても仏壇の引き取りをしてくれるので、一度確認してみましょう。

 

仏具店に引き取ってもらう

多くの仏具店では、仏壇を販売するだけでなく処分引き取りサービスもしています。

仏具店の中には閉眼法要から処分まで、一括でしてくれるお店もあります。

 

粗大ごみとして処分する

閉眼法要後の仏壇は木の箱といえる状態であるため、粗大ごみとして出すこともできます。

 

スポンサーリンク

 

永代供養のお墓に改葬する手順と費用

  • 改葬の流れと費用
  • 永代供養のお墓にした後の供養方法

最後に永代供養墓に改葬する手順と費用について解説します。
 

改葬の流れと費用

永代供養墓への改葬は、下記の流れは下記の通りです。

  1. 役所で「改葬許可申請書」をもらい、記入する
  2. 使用する永代供養墓のあるお手から「使用許可証」をもらう
  3. 「改葬許可申請書」「使用許可証」をもって役場へ行き、「改装許可証」を発行してもらう
  4. 既存のお寺で「魂抜き(閉眼法要)」をしてもらい、墓地を整理する
  5. 「改装許可証」をお寺に提出し、永代供養墓へ遺骨を移す
  6. 永代供養墓で「魂入れ(開眼法要)」をしてもらう

 

魂抜き(閉眼法要)・魂入れ(開眼法要)は僧侶に読経をしてもらうのでお布施が必要であり、1~5万円が相場とされています。

 

改葬について下記の動画でも解説していますので、さらに知りたい方はご覧ください。

第432回「お墓の引越し、改葬について」葬儀・葬式ch

 

永代供養のお墓にした後の供養方法

出典:関西霊園情報局

永代供養墓は、大きく分けて「遺骨を個別に供養する分骨型」と「遺骨を他の人と一緒に供養する合祀(ごうし)」の2つがあります。

 

合祀は費用負担が小さいのですが、遺骨を納めてしまうと取り出すことができません。

 

「分骨型」を選択していても、33年や50年などの一定期間が過ぎたら、合祀で供養する形式を取ることが多いです。

 

基本的に供養や管理は霊園がしてくれるのですが、その回数や頻度は管理先によって異なりますので、故人の命日など希望する供養の時期がある場合は事前に相談しておきましょう。

 

関連記事永代供養について下記の記事でも解説していますので、合わせてご参照ください。

お寺の永代供養とその種類|墓にかかる費用と檀家制度による注意点
最近は、お墓を守る継承者がいない等の理由により、永代供養を考えられる方が増えているようです。 自分たちに代わって寺院などが管理や供養をしてくれるという点では、何かと忙しい現代の日本人に合っている供養方法と言えるでしょう。 永代供養の...

 

まとめ

  • 位牌のしまい方は「永代供養してもらう」と「お焚き上げしてもらう」の2通り
  • 仏壇のしまい方は「魂入れ(閉眼法要)」して「お寺・仏具店に引き取ってもらう」か「粗大ごみに出す」かして処分する
  • 永代供養墓への改葬には「魂抜き」「魂入れ」のお布施が必要で、相場はどちらも1~5万円とされる

毎日向き合っている仏壇や位牌には、いうまでもなく「魂」が入っています。
必要な儀式をした上で、最後までしっかりと責任をもって管理しましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ