終活で自分の葬式を先に契約する場合の注意点と生前葬の考え方

「終活で自分の葬式の準備を生前にしておきたい」という方もいるでしょう。

遺される家族への経済的な負担を少しでも減らしたいと考える人も多く、信頼できる葬儀社をじっくり検討するのはとても良いことです。
  • 終活の目的
  • 自分のお葬式を準備する時に考えること
  • 生前葬のメリット・デメリット

この記事では、終活で考える「自分のお葬式」についてわかりやすく紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

終活の目的

出典:鹿沼市

「終活」は「週刊朝日」で生まれた造語で、当初はお葬式やお墓など人生の終焉に向けての準備のことでしたが、現在では「人生の終わりを考えることで自分を見つめ、今を前向きに自分らしく生きる活動」をいいます。

 

「終活」には、主に下記のような目的があります。

  • 自分の終わりを見つめる
  • 残りの人生を前向きに生きる
  • 家族の負担を軽減する
  • 自分の想いを伝える

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

自分のお葬式を準備する時に考えること

  • 相見積を取り3つの分類で比較する
  • お葬式終了まで確定しない変動費に注意

ここでは、お葬式の契約をしておく時の留意点について解説します。

 

相見積を取り3つの分類で比較する

出典:いい葬儀

 

お葬式費用は「葬式一式費用」「飲食接待費用」「僧侶・神職へのお礼」の3つに分けられます。

 

葬式一式費用
  • 施設・設備の使用料
  • 祭壇・棺などの物品
  • 寝台車・霊柩車の手配
  • 火葬に必要な物品
  • 司会やスタッフの人件費

 

飲食接待費用
  • 通夜ぶるまい・精進落としでの飲食代
  • 返礼品

 

僧侶・神職へのお礼
  • 読経料のお布施
  • 戒名料のお布施

 

全国平均では「葬式一式費用」が約121万円、「飲食接待費用」が約30万円、「僧侶・神職へのお礼」が約47万円となっています。

 

「どのような内容にしたいのか」をはっきりさせた上で、何社かで相見積もりを取り3つの分類で比較しましょう。

 

お葬式終了まで確定しない変動費に注意

全日本葬祭業協同組合連合会より、下記のような葬儀業界の消費者トラブルが挙げられています。

  • 葬儀を依頼した際、当初の説明より追加料金をどんどん取られ最終的な金額は当初の2倍以上だった。
  • 事前打ち合わせには入っていなかった項目の料金を請求され、最初は入っていなかった料金がいつの間にか加算されていた。

 

上記の事例は悪質な葬儀社によるものではありますが、「見積書の確認」「打ち合わせ」には十分に注意してください。

 

特に「変動費」「別途料金」「追加料金」「立替金」の内容には注意を払い、各項目内容、単価、数量、金額等は納得するまで求め、責任のもてる家族2人以上で臨むことが大切です。

 

生前葬のメリット・デメリット

出典:おくりびとのお葬式

  • 自分の言葉で思いを伝えられる
  • 家族・親族の理解が必要
  • 生前葬の一般的な費用

最近、徐々に増えている生前葬についても紹介しておきます。

 

自分の言葉で思いを伝えられる

「生前葬」とは生きている間に自分のお葬式をするもので、内容には特に決まりがなく、主催者が自由に決めることができます。

通常のお葬式では家族・友人に直接お礼を伝えることはできませんが、生前葬であれば自分の口から思いを伝えられます。

 

普段は恥ずかしかったり、理由があったりして言えない「ありがとう」も、自分が開催した生前葬ならば、言えるような気がしますね。

第492回「アントニオ猪木生前葬 7千人満員。というわけで生前葬について」葬儀・葬式ch

 

家族・親族の理解が必要

まだまだ生前葬は一般的ではなく、経験したことがある人も少ないでしょう。

いまだに「死」は触れてはいけないものというイメージがあり、家族や遺族の中でも「不謹慎」と感じる人もいます。

 

また生前葬の後に改めて通常のお葬式をするケースも多いので、事前に家族や親族と話し合って理解を得るのが大切です。

 

生前葬の一般的な費用

生前葬では主に以下のようなことをしています。

 

  • 主催者、招待客からのスピーチや歓談
  • 乾杯と会食
  • 人生を振り返り、映像やスライドなどの投影
  • プレゼントや花束の贈呈
  • ビンゴやカラオケなどの余興
  • 生演奏で思い出の曲や好きな曲を鑑賞
  • 招待客の見送りと会葬のプレゼント

 

主催者が自由に決めることができるため、生前葬の費用は内容により変動しますが、葬儀社ではパッケージで20万円程度から用意しています。

 

関連記事下記の記事では生前葬の香典についても解説していますので、気になる方はご覧ください。

葬儀費用の平均金額や相場
お葬式を行うにあたって、知りたい点としてよく聞かれるのが葬儀費用の相場です。

 

まとめ

  • 終活とは「自分を見つめ、今を前向きに自分らしく生きる活動」
  • お葬式の契約をする前には数社から見積もりを取って比較し、特に「変動費」「別途料金」「追加料金」「立替金」に注意する
  • 生前葬は主催者が自由に決めることができる

お世話になった人に自分の言葉で感謝を伝えられるのが生前葬。

よりよい最期を迎えるためにも、しっかりと関係者に相談や確認しながら進めましょう。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ