遺体の安置場所の3つの選択肢|自宅だに安置する場合の注意点など

病院で大切な人が息を引き取った後、遺体をどこに安置すべきか迷ってしまいますよね。

それぞれの安置場所でメリットやデメリットがあり、特に自宅ではいくつかの注意点があります。

  • 遺体の3つの安置場所
  • 遺体を自宅に安置する際の注意点

この記事では遺体を安置する場所の選択肢や特徴について解説します。

 

スポンサーリンク

 

遺体の3つの安置場所

  • 自宅
  • 斎場・葬儀社の安置所
  • 遺体ホテル

まずはそれぞれの安置場所でのメリット・デメリットを解説します。

 

自宅

 

自宅で安置するメリット
  • 故人との最期の時間をゆっくり過ごせる
  • (病院などで死亡した場合)故人を自宅に戻してあげられる
  • 枕経など故人の供養もしっかりとできる

 

「住み慣れた家で、故人との最期の時間を過ごせる」のは、自宅に安置する最大のメリットです。

線香やろうそくの火を絶やさないようにするのも、自宅であれば規則などもないので気にすることはありません。

 

自宅で安置するデメリット
  • 遺体の安置における作法が難しい
  • (集合住宅の場合)搬入経路の確保が困難
  • 弔問客を迎えるために安置部屋の他も整えなければならない

 

マンションなどの集合住宅の場合は、規約には目を通し、前もって管理会社や大家さんに報告をしておくと、トラブルを未然に防げます。

 

遺体の腐敗を防ぐためにドライアイスで冷やし、室温もできるだけ涼しくなるようにエアコンのあるお部屋を用意するといいでしょう。

 

斎場・葬儀社の安置所

 

斎場・葬儀社なら全て任せられ、ご遺族の負担軽減になることも選ばれる一つの理由です。

 

斎場・葬儀社の安置所のメリット
  • 安置の準備から遺体の管理までお任せできる
  • 遺体の搬送回数が少なくて済む
  • 宗教を問わず利用ができる

 

一般的な遺体の搬送費用の相場は、10キロメートルで2万円前後かかりますので、もし搬送回数が1回でも減れば、金額は少ないながらも節約ができます。

 

斎場・葬儀社の安置所のデメリット
  • 面会や弔問の時間が決められていることが多い
  • 付き添いを依頼した場合は追加で費用が発生する

 

自宅であれば線香番のために誰かがつきっきりでもお金はかかりません。

しかし斎場や葬儀社だと付き添いにも追加費用が発生するので、オプションサービスはしっかりと目を通すようにしてください。

 

遺体ホテル

 

住宅事情や火葬場の不足を背景にできた新しいサービスで、葬儀場などのように面会の制限がないのもメリットの一つです。

 

遺体ホテルのメリット
  • ご遺族だけで故人との静かな時間を過ごせる
  • 「火葬場があかない」「葬儀が遠方のため一時待機」など柔軟に対応できる
  • そのまま葬儀ができる施設もある

 

葬儀社が決まっていなくても利用できるので、焦らず選ぶために利用する人もいます。

遺体ホテルの相場は1万円ほどです。

 

遺体ホテルのデメリット
  • 搬送やホテル費用などがかかる
  • 一時的な安置場所として作られたため、冷房が整っていない施設もある

 

最近では冷蔵庫やドライアイスだけでなくエンバーミングにも対応しているところもあるので、まずは事業者にご確認ください。

 

第411回「多死社会、遺体ホテルが盛況って話しにトドメをさす!あと友人が亡くなっていたという手紙を貰った話し・・」葬儀・葬式ch

 

スポンサーリンク

 

遺体を自宅に安置する際の注意点

  • 安置する場所と方角
  • 安置場所の室温に注意する
  • 神棚封じをする

続いて遺体を自宅に安置する際の注意点について解説します。
 

安置する場所と方角

 

自宅で遺体を安置する場所は、仏壇のあるお部屋が一般的です。

 

もし自宅に仏壇がない場合、遺体の腐敗を防ぐために冷房の効くお部屋に安置しましょう。

 

納棺までは遺体の頭を北に、足を南に向けて布団を寝かせて安置します。

 

もし間取りの都合などで北枕にできない場合は、「西枕にする」か「仏壇に頭を向ける」方向にしましょう。

 

安置場所の室温に注意する

常温での安置は遺体が損傷してしやすいため、ドライアイスを使って腐敗を遅らせます。

 

死亡してから遺体の損傷は進んでいくので、「できる限り早く処置をしなければ」と焦るかもしれませんが、葬儀社を決めている場合は手配してくれるので安心です。

 

またドライアイスは室温を下げてくれるわけではないので、お部屋をクーラーなどで冷やしておくようにしましょう。

 

神棚封じをする

家族に不幸があったときに、神棚に白い半紙を張って正面を封印することを「神棚封じ」といいます。

 

神棚封じは人が亡くなったときの死の「穢れ(けがれ)」を、神聖な場所から遠ざけるためにします。

 

神棚封じの流れは、下記の通りです。

  1. 神様に「誰が亡くなったか」を報告する
  2. 神棚のお供え物を全て下げる
  3. 神棚の扉を完全に閉めて白い半紙で正面を隠す

 

白い半紙は「しめ縄」にセロハンテープなどで貼り付け、画鋲(がびょう)やピンなどを使用してはいけないので注意しましょう。

 

神棚を封じるときに仏壇も同じようにすべきか迷うかもしれませんが、「死を穢れととらえる」のはあくまで神道の考え方なので、封印する必要はありません。

 

 

まとめ

  • 遺体は北枕にし、腐敗を防ぐためにクーラーなどで室温を下げる
  • 神道で神棚がある場合は「神棚封じ」を忘れずにする

身内に不幸が訪れた時、ご遺族は悲しい気持ちの中で様々なことを決めていかなければなりません。

安置場所もそれぞれのメリット・デメリットを抑えて、今のうちに少しでも考えておくとスムーズでしょう。

 

関連記事神棚封じについて更に知りたい方は、下記の記事でも解説していますので、是非ご覧ください。

【神棚封じとは】お葬式のあとに神棚を封じる理由と正しい封じ方
神棚封じは神道の伝統的な慣習です。この記事では、神棚封じの意味や封じ方、封じている間に気をつけるべきことについて詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ