独身の人が亡くなった場合の相続|今からできる準備や発生した場合の対応

配偶者も子供もいない場合、亡くなったら誰に財産が受け継がれるのでしょうか。

もしも、知らないだけで子供や甥姪がいた場合、相続が複雑になる可能性があるので遺言書の作成は必須です。

 

  • 独身の人が亡くなった場合の相続人
  • 自分が独身の場合にできる相続の準備
  • 独身の親族の死亡で相続が発生した場合

この記事では、独身の人の相続について相続人や準備などを解説します。

 

スポンサーリンク

 

独身の人が亡くなった場合の相続人

  • 法定相続人の順位
  • 男性の場合は当人の知らない子供がいることも
  • 兄妹が死亡している場合は甥・姪が相続人に

まず独身の人が亡くなった場合の相続について解説します。

 

法定相続人の順位

相続順位法定相続人と法定相続分
子供がいる場合配偶者 1/2
子供 1/2を人数で分ける
子供がいなくて
父母がいる場合
配偶者 2/3
父母等 1/3を人数で分ける
子供・父母がいなくて
兄弟がいる場合
配偶者3/4
兄弟姉妹 1/4を人数で分ける

 

 

相続人になれる人の範囲は法律で決まっていて、定められた相続人のことを「法定相続人」といいます。

法定相続人には「配偶者相続人」と「血族相続人」があり、常に配偶者は相続人になれますが、血族には第1~3順位があるので必ずなれるわけではありません。

 

第1順位:配偶者、直系卑属(子、代襲相続の孫など)
第2順位:配偶者、直系尊属(父母、祖父母など)
第3順位:配偶者、兄弟姉妹

 

男性の場合は当人の知らない子供がいることも

結婚していない男女の間に生まれた子供を非嫡出子(ひちゃくしゅつし)といい、嫡出子と同じように相続権を持っています。

 

嫡出子:法律上の婚姻関係にある男女の間で生まれた子供
非嫡出子:法律上の婚姻関係にない男女の間で生まれた子供

 

昔は嫡出子と法定相続分に違いがありましたが、2013年の民法改正により同じになりました。

ただし非嫡出子が相続権を持つには、認知されていなければなりません。

 

もし知らずに死亡してしまった場合は認知されていないため、子供は相続権を持たないこととなるので、必要であれば前もって確認しておきましょう。

 

兄妹が死亡している場合は甥・姪が相続人に

兄弟が死亡している場合、相続財産は子供である甥・姪に受け継がれることとなります。

被相続人より先に相続人が亡くなっている場合、子供が相続財産を受け継ぐことを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。

 

長らく会っていない甥や姪から連絡があって、いきなり相続の話をされたら身構えてしまいますよね?

甥・姪を含む相続の場合、トラブルを未然に防ぐためにも遺言書などの準備をしておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

自分が独身の場合にできる相続の準備

  • 財産の行く先を遺言書で指定する
  • 遺言執行者を指定しておく
  • 遺言書の存在を第三者がわかるようにしておく

続いて独身の人ができる相続の準備について解説します。

 

財産の行く先を遺言書で指定する

遺言書(ゆいごんしょ)は、亡くなったから遺された人への最後のメッセージであり、大きな力を持っています。

 

遺言書の内容は最大限に尊重されるべきものであり、法定相続分よりも優先されるのです。

 

遺言書を作成して財産の行く先も決めておけば、相続人の話し合いで決める「遺産分割協議」をする必要もありません。

 

そのため相続人のうちの1人に家業を継がせたいと思っていたり、相続関係が複雑であったりするなど、被相続人の死後にトラブルが予想される場合は遺言書を作成しておきましょう。

 

遺言執行者を指定しておく

遺言執行者とは「遺言の内容を実現することを任された人」であり、故人の遺志を実行するための権限が法律によって与えられています。

 

遺言の内容によっては、相続分の指定や遺産分割の禁止のように執行を必要としないものもありますが、認知や相続人の廃除をする場合には必ず遺言執行者を指定しておかなければなりません。

 

相続人の中で利害関係が絡んでくるような内容であれば、法律関係の処理をスムーズにするためにも、遺言執行者を指定すべきとされています。

 

遺言執行者について、もう少し知りたい方は下記の動画をご覧ください。

橋本駅前(相模原)弁護士/相続TV(48) 遺言執行者について

 

遺言書の存在を第三者がわかるようにしておく

遺言書を書いていたとしても、誰にも発見されなければ実現させることはできません。

 

たしかに遺産分割協議をしてから遺言書が発見されても遺言の内容が優先されますが、ずっと発見されないこともあるでしょう。

 

遺言の内容を確実に実行するためにも、利害関係のない信頼できる第三者に存在を伝えておくようにするのが大切です。

 

スポンサーリンク

 

独身の親族の死亡で相続が発生した場合

  • 遺言書の存在を確認する
  • 専門家に相談をするのが適当

つぎに独身の親族の死亡で、相続が発生した場合の対応について解説します。

遺言書の存在を確認する

独身で親や兄弟姉妹、甥姪など相続人がいない場合、遺された財産は国に帰属することになるので、遺言書で特定の人に遺贈させることがあります。

 

そのため故人が遺言書を作成している可能性があるので、まずはあるかどうかを確認しましょう。

 

お部屋を探して見つからない場合、生前に親しくしていた人に存在を伝えているかも知れないので、連絡がつくようなら聞いてみてもいいでしょう。

専門家に相談をするのが適当

独身の人の相続だと、誰も状況が分かっていないこともあります。

 

インターネットや本だけで得た知識で遺言書の内容を実行したり、遺産分割協議したりするのは危険です。

まずは弁護士や司法書士、税理士など専門家に相談し、相続人全員が納得のいく相続になるようにしましょう。

 

まとめ

  • 相続人に自分も知らない子供がいたら認知をしておくと相続がスムーズ
  • 複雑な相続なら遺言書を遺しておくと進めやすい
  • もし独身の親族が亡くなった場合、「遺言書を探す」「専門家への相談」を最優先に

何があるかわからないのが人生なので、気付いたときに心構えをしておくのが大切です。

今からできることは取り掛かり、自分の最期をしっかりと見つめていきましょう。

 

関連記事 独身の人向けの終活について解説していますので、ご興味ある方はご覧ください。

独身の終活は何をしたら良いのか?計画的に進めるための準備
独身の終活でしなければならない「資産運用や健康の見直し」「生前整理」「葬儀社・葬儀の決定」などについて解説しています。 どれも大切なことですので、終活を考えている人はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ