死産だと産休は取得できるの?出産手当金の受給は就業規則に注意

「死産してしまったけど、このまま産休を取っていいの?」

精神的なショックも大きい中で、会社に行かなければならないのは辛いですよね。

  • 死産であっても産休が認められる
  • 死産でも出産手当金は受給できる

この記事では、もし死産だった場合の産休や出産手当金の取り扱いについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

死産であっても産休が認められる

妊娠4ヶ月以上を経過していれば、死産であっても産休を取ることが認められます。
ただし産後休暇の給与は就業規則によりますので、まずは会社に確認をしましょう。

 

労働基準法(産前産後)第65条

産休とは労働基準法によって定められた出産のための休暇であり、産前は出産予定日の6週間前、産後は出産の翌日から8週間の休業期間をいいます。

 

労働基準法 「産前産後」

第六十五条 使用者は、六週間(多胎妊娠の場合にあつては、十四週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。
2 使用者は、産後八週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後六週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。
3 使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。
引用:労働基準法

 

産前休暇は「本人の請求」によって取得できるのに対し、産後休暇は本人が請求しなくとも必ず取得できます。

出産の定義と産後休暇

たとえ死産や人口流産であっても、妊娠4ヶ月を経過しているのであれば、産後休暇はとることができるます。

 

もちろん産後休暇ということであれば、「社会保険料の免除」や「産前産後休暇に伴う解雇の禁止」も適用されます。

 

産後休暇の給与は就業規則による

産休中の給与は会社ごとで作っている「就業規則」によって決まっています。

 

労働基準法によって定められているのは産前産後休暇であり、休んだ期間中の給与については触れていません。

 

ほとんどの会社では産休期間は無給にしているところが多いのですが、中には従業員の生活に配慮して有給にしている場合もあるので、まずは就業規則を確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

死産でも出産手当金は受給できる

 

妊娠4ヶ月以上を過ぎていれば出産と認められるため、産休だけでなく出産手当金を受け取ることができます。
ただし就業規則で産休に給与を支給すると定められている場合、出産手当金を受け取ることができないので注意しましょう。

 

出産手当金を受給する前に

出産のために会社を休むことで給与がもらえない人に対し、健康保険の被保険者であれば「出産手当金」というものが支給されるのでご安心ください。

 

ただし気を付けなければならないのは、就業規則で産休でも給与を支払うとしている会社では、出産手当金を受け取れないということです。

 

出産手当金は健康保険の被保険者や家族の生活を保障し、安心して出産前後の休養ができるようにするために設けられている制度です。

 

出産手当金を受け取るには、下記の要件を満たしていなければなりません。

  • 健康保険の被保険者が出産した(する)こと
  • 妊娠4ヶ月(85日)以上の出産であること
  • 出産のため仕事を休み、事業主から給与の支払いがないこと

 

前もって総務部に産休における給与の取り扱いを確認し、間違っても二重で受け取ることのないように注意しましょう。

 

なお休んだ期間に給与の支払いがあっても、出産手当金より少ない場合は差額が支給されます。

 

出産手当金の解説(基本編)2017年度時点

出産手当金の申請の仕方

 

出産手当金の申請は、まず申請書を入手することから始まります。

 

申請の流れ
  1. 「健康保険出産手当金申請書」の入手
  2. 申請書を記入する
  3. 会社を管轄する協会けんぽに申請書を提出する

 

「健康保険出産手当金申請書」は、協会けんぽのホームぺージからダウンロードできます。

 

全国健康保険協会のホームページはこちらから

 

申請書には「医師・助産師記入欄」と「事業主記入欄」もあることを、頭に入れておきましょう。

 

原則は本人が申請書を提出するとされていますが、会社が代わりに出してくれるところもあります。

 

出産手当金を受け取る権利は、出産のために休んだ日の翌日から2年で時効となることにご注意ください。

まとめ

  • 妊娠から4ヶ月を経過していれば、たとえ死産であっても産休は認められる
  • 出産手当金についても、「出産」の定義に当てはまれば受け取ることが可能
  • 産休でも給与が支給されている場合は、出産手当金は受け取れないことに注意する

心身ともに疲れ果てている中で、仕事やお金のことまで心配していたら大変ですよね。

今のうちに条件を確認しておき、少しでも不安がなくなるようにしましょう。

 

関連記事 死産してしまった場合に提出する「死産届」について解説したこちらの記事も併せてどうぞ。

死産届では戸籍はできない|届け出のしかたと【死亡届】との違い
日本では法律で妊娠12週以降の流産または死産は、役所へ「死産届」を提出しなければいけません。 妊娠中に赤ちゃんが亡くなってしまうと、死産届を出す場合と死亡届を出す場合があります。 大きな違いは戸籍が作られるかどうかで、死亡届は戸籍が作ら...

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ