大手葬儀社の費用を徹底比較!定額プランはオプションで高くなる

「たくさんある葬儀社からどのように選べばいいの?」

「費用だけ見たら、どんな違いがあるの?」

 

お葬式の方針を決めた上で、「祭壇」や「会場使用料」など割合が大きい費用から比較し、「どこにお金をかけるか?」という視点で見ていくのが大切です。

 

また、定額プランは安く抑えることができますが、オプションのつけすぎに注意が必要です。

 

  • 大手葬儀社の費用比較
  • 大手の定額葬儀プランの比較

この記事では、大手葬儀社の葬儀費用や定額プランの比較について解説します。

 

スポンサーリンク

 

大手葬儀社の費用比較

葬儀社探しは「サービス内容」「費用」「対応の丁寧さ」に重きを置いて比較していきましょう。

 

たとえば費用面で比較してみると、大手葬儀社で下記のようになります。

会社名家族葬(税込)一般葬(税込)
ベルコ111万円(30名)136万円(100名)
公益社94万円(10名)165万円(100名)
ティア93万円(30名)94万円(100名)
典礼会館73万円(30名)130万円(100名)
さがみ典礼107万円(30名)159万円(100名)

※祭壇や棺、返礼品、料理などでランクがあるものは、料金が一番安いものを選んでいます。

 

費用に含まれるもの
基本料金:祭壇、式進行管理、手続き代行、司会、受付設備、各種備品、線香等、枕・後飾り、会場使用料
付帯費用:棺、料理、会葬礼状、返礼品、遺影写真、湯灌(ゆかん)、ドライアイス、寝台車

 

家族葬が安くても一般葬は高めという葬儀社もあれば、家族葬と一般葬であまり料金が変わらない葬儀社もあります。

値段に大きく影響するのは「祭壇のランク」「会場使用料」「料理などのランク」です。

 

祭壇だけで25万円~150万円と大きく開きがあり、葬儀費用に占める割合が大きいことがわかりますね。

どうしても予算内で収めたいのであれば、ランクを下げて安くすることができるので、どこをこだわるのかというのも考えておくといいでしょう。

 

こちらの動画では更に具体的に「祭壇」や「料理」の費用の節約術を解説しています。

近年の葬儀社は高い!

 

互助会に入っていれば料金は安くなると思われがちですが、「安いプランが選べない」「決まった会場でしかできない」など使いづらい部分もあります。

 

互助会のデメリット

  • 利用できる会場が限られている
  • お葬式のグレードが決まっていて変更できない
  • 積立金だけでは葬儀費用をまかなえない
  • 解約や積立金の引き出しが簡単にできない
  • 互助会が経営破たんしてしまうこともある

 

「会員価格で設備の整った会場を利用できる」

「サービスは本人だけでなく家族も使える」

といったメリットもありますが、加入は十分検討した上で決めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

大手の定額葬儀プランの比較

葬儀社の中には、追加料金が発生しない定額プランを提供しているところもあります。

 

定額プランを提供している大手葬儀社には「小さなお葬式」や「イオンのお葬式」、「よりそうのお葬式」があり、3社で費用を比較してみましょう。

会社名家族葬一般葬
小さなお葬式49万円64万円
イオンのお葬式50万円71万円
よりそうのお葬式40万円50万円

 

なお上記の定額プランの中には飲食代や返礼品、湯灌などは含まれていませんので、オプションでつけるのであれば、下記の金額を参考にしてください。

オプションサービス料金
通夜振る舞い3千円~(1人あたり)
精進落とし5千円~(1人あたり)
返礼品千円~(1人あたり)
湯灌6万円程度

 

金額だけ見ると定額プランが安いように感じますが、「あれも必要」「これも必要」とオプションを増やしていくと、予想以上の料金になってしまうというケースは多々あります。

 

とはいえ「何が必要か」という判断もなかなかできないでしょうから、「お葬式の方針を早めに決めておくこと」と「対応がていねいな葬儀社を選ぶことが」が大切になってきます。

 

会員登録や事前申し込みなどによって、さらに料金を安くできる場合があるので、葬儀社に相談する際に割引の内容もご確認ください。

 

ちなみに小さなお葬式では「早割」という仕組みがあって、日程が確定していなくても申込ができ、早ければ早いほど葬儀費用がお得になるプランがあります。

 

有効期限や更新手続きもなく、申し込みさえ済ませておけば、いざという時に電話をするだけで割引が適用されます。

 

関連記事 小さなお葬式の「早割」を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

小さなお葬式の早割を徹底解説!申し込みをするだけで割引適用
「小さなお葬式の早割」について、仕組みや割引金額、申込み方法などを解説しています。実際に利用した人の口コミも取り上げていますので、「実際のところ」を知りたい方は是非ご覧ください。

 

まとめ

  • 葬儀社によって家族葬が安かったり、一般葬が安かったりと特徴がある
  • 「祭壇」「会場使用料」「料理」などにはランクがあるので、どこにお金をかけるか決めておく
  • 定額プランは最低限必要なものだけなので、オプションを増やすと予算オーバーになる恐れも

たくさんある葬儀社の中から、納得のいくプランを選ぶのはなかなか難しいですよね。

方針に沿ったプランをいくつか出し、「費用」に加えて「対応のていねいさ」も見ながら決めていきましょう。

 

関連記事 激安葬儀社を8社紹介しているこちらの記事も参考になります。

【料金で比較】激安の葬儀社8選|表面的な安さに騙されないコツ
大手から地域まで、定額プランを提示する葬儀社をご紹介します。 激安な葬儀社を検討する際の注意点も解説していますので、悩んでいる方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ