葬式代金の相場を形式ごとに紹介|少しでも安くしたい時の3つのコツ

お葬式は何度もするものではないので、どれくらいお金がかかるのかは気になるところですよね。

どんなに抑えたつもりでも、普通にお葬式をあげると100万円近くかかるもの。

  • 葬式代金の相場
  • 葬式代金を安く抑える方法

この記事では、葬式代金の相場や安くなる方法を解説します。

 

スポンサーリンク

 

葬式代金の相場

葬儀代金(葬儀一式費用・飲食接待費・寺院費用)の全国平均は195.7万円で、形式別では下記の金額となります。
火葬式20万円~40万円
一日葬約64万円
家族葬91万円~112万円
一般葬約150万円

 

葬儀の流れや規模によって、相場が変わっています。

 

葬式代金の内訳

葬儀代金は「葬儀一式費用」「飲食接待費」「寺院費用」の3つに分けられ、日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」では相場が195.7万円と報告されています。

 

費用項目内容相場
葬儀一式費用祭壇・葬儀の運営費など121万円
飲食接待費通夜ぶるまい・精進落とし30万円
寺院費用読経料・戒名料・御膳料・御車代47万円

 

お葬式を「少しでも安くしたい」のなら、まず葬儀費用の内訳には何があるのか理解しておきましょう。

 

一般葬の相場

親族やご近所さんなど広く参列してもらう一般葬の相場は約150万円で、一番多い価格帯は100万円~120万円となっています。

 

一般葬の特徴
  • 流れ:臨終→納棺→お通夜→告別式→火葬
  • 規模:100名程度
  • 参列者:家族、親族、故人の友人・知人、ご近所さん

 

お通夜や告別式に多くの人を招くことにより、家族葬や一日葬よりも費用がかかります。

 

家族葬の相場

近親者のみで静かに執り行われる家族葬の相場は91万円~112万円で、一番多い価格帯は80万円~100万円となっています。

 

家族葬の特徴
  • 流れ:臨終→納棺→お通夜→告別式→火葬
  • 規模:30名程度
  • 参列者:近親者

 

一日葬の相場

お通夜をせずに火葬前に告別式のみ執り行う一日葬の相場は約64万円で、一番多い価格帯は40万円~60万円となっています。

 

一日葬の特徴
  • 流れ:臨終→納棺→告別式→火葬
  • 規模:30名程度
  • 参列者:近親者

 

お通夜がないことから通夜ぶるまいの費用がかからず、一般葬や家族葬よりも相場は低くなっています。

 

直葬(火葬式)の相場

お通夜・告別式などの儀式をせずに火葬のみ執り行う直葬(火葬式)は相場データはありませんが、一番多い価格帯は20万円~40万円とされています。

 

直葬(火葬式)の特徴
  • 流れ:臨終→納棺→火葬
  • 規模:30名程度
  • 参列者:近親者

 

お料理や返礼品などの飲食接待費用が不要で、他の葬儀形式に比べて格段に安くなります。

 

スポンサーリンク

 

葬式代金を安く抑える方法

全国平均で約200万円もする葬儀代金を抑えるには、「葬祭費などの給付」「早割・事前割の活用」「僧侶手配サービスの利用」の方法があります。
方法金額
葬祭費・埋葬料3万円~7万円
早割・事前割1.5万円~6.6万円

僧侶手配サービスは戒名のランクによりますが、全国平均の47万円よりは安く抑えることができるでしょう。

 

葬祭費の給付を受ける

 

故人が「国民健康保険」または「後期高齢者医療制度」に加入していれば「葬祭費」、「健康保険」であれば「埋葬料」を受けることができます。

 

内容提出先期限
国民健康保険の葬祭費市区町村役所葬儀を行った日から2年以内
後期高齢者医療制度の葬祭費市区町村役所葬儀を行った日から2年以内
健康保険の埋葬料年金事務所・市区町村役所死後2年以内

 

葬祭費は3~7万円で、埋葬料では5万円の補助を受け取ることができます。

 

葬祭費・埋葬料を受け取るまでの流れを下記の動画で解説していますので、確認した方は是非ご覧ください。

葬祭費はどうしたらもらえますか? 市川愛の「教えて!お葬式」vol.44

 

「早割」「事前割り」を活用する

早めに葬儀の申込ができる人は、小さなお葬式であれば「早割」、よりそうのお葬式であれば「事前割」を活用することで、5万円以上の割引を受けられます。

 

「早割」「事前割」とは、早く申し込めば申し込むほど割引金額が増えるサービスです。

 

「早割」「事前割」のポイント
  • お申し込みは無料で、申込日から30日以降で割引が適用
  • 面倒な手続きは一切なく、電話かネットで簡単お申込み
  • 有効期限はなく、更新手続きもない
  • 必要な時は電話一本で進めてくれる

 

小さなお葬式の「早割」であれば最大6.6万円、よりそうのお葬式の「事前割」であれば最大5万円の割引が適用されます。

 

小さなお葬式の早割を詳しくみる

 

よりそうのお葬式の事前割を詳しくみる

 

僧侶手配サービスでお布施を安くする

全国平均では47万円の寺院費用も、「僧侶手配サービス」を利用することにより半額以下に抑えることができます。

 

人気の僧侶手配サービス「お坊さん便」の料金をご紹介しておきます。

 

お坊さん便

お布施の金額
  • 火葬式の読経:3.5万円
  • 一日葬の読経:6.5万円
  • 一般葬の読経:14万円
  • 戒名の授与:2万円~

お坊さん便を詳しくみる

 

お坊さん便ではお膳料や交通費を含んでこの料金なので、本当に追加料金は不要です。

 

追加料金が発生しない葬儀社を選ぶ

「オプションサービスをつけられ、想定以上の費用がかかった」ということにならないよう、追加料金の発生しない定額プランを出している葬儀社を選ぶと安心です。

 

大手葬儀社でも定額プランは用意されていますので、料金や内容を比較しながら決めていきましょう。

 

プラン小さなお葬式イオンのお葬式
火葬式19.3万円19.9万円
一日葬34.3万円35.1万円
家族葬49.3万円49.6万円
一般葬64.3万円70.7万円

 

他にも「定額」を強調している葬儀社は増えています。

ただし、中には「葬儀費用は〇円だけ!」としながらも、基本プランに必要なものが含まれておらず、後から追加料金を請求されるケースもあるのでご注意ください。

 

まとめ

  • 葬儀代金の全国平均は約200万円で、各費用の割合は葬儀一式費用60%、飲食接待費15 %、寺院費用35%
  • 葬儀の流れや規模が違うので、葬儀形式で相場は変わる
  • 「葬祭費・埋葬料」「早割・事前割」「僧侶手配サービス」を利用して、少しでも葬儀代金を安く

大切な故人のためにしっかりと葬儀をあげたいなら、お金がかかることは避けきれません。
一方で少しでも代金を抑える方法もあるので、今のうちに確認をしておきましょう。

関連記事 激安の葬儀社を8社紹介しているこちらの記事もおすすめです。

【料金で比較】激安の葬儀社8選|表面的な安さに騙されないコツ
大手から地域まで、定額プランを提示する葬儀社をご紹介します。 激安な葬儀社を検討する際の注意点も解説していますので、悩んでいる方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ