葬儀の見積もりでの注意点|葬儀後の請求書とズレが生じるポイント

葬儀費用は高額なので、初めの段階でいくらかはっきりさせたいですよね。

分かりづらい葬儀費用もポイントが分かっていれば、見積書や担当者との打ち合わせで総額をイメージしやすくなります。

  • 葬儀費用の捉え方のズレ
  • 事前の見積もりと請求額のズレ

この記事では、葬儀の見積もりを取るときのポイントについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

葬儀費用の捉え方のズレ

葬儀費用の「基本プラン」に含まれているかどうかは葬儀社に必ず確認し、含まれていないのなら追加料金になるかも聞きましょう。
疑問を残したまま進めると、お式の後で高額な請求をされる恐れもあります。

 

葬儀社の基本プランに含まれるもの

葬儀費用は「葬儀一式費用」「飲食接待費」「寺院費用」に分けられ、さらには基本プランに含まれるものと含まれないものがあります。

 

葬儀一式費用祭壇、葬儀の運営費など
飲食接待費通夜振る舞い、精進落とし、返礼品
寺院費用読経料、戒名料、御膳料、御車代

 

まず基本プランに含まれるものについてみていきましょう。

<基本プランに含まれるもの(例)>

臨終~納棺寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、安置料金、仏衣一式、棺用布団、手続き代行
お通夜~告別式寝台車、案内看板、葬儀場利用料、生花祭壇、供花、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、白木位牌
火葬寝台車、運営スタッフ、火葬料金、骨壺、自宅飾り一式、会葬礼状

 

葬儀場利用料や火葬料金などで変動する場合は基本プランに含めず、葬儀社側の立て替えにしているケースもあるのでご注意ください。

 

あくまで「例」であり、葬儀社の中には基本プランに「棺」や「枕・後飾り一式」が含まれていないこともあるので、見積書の内容は漏れなく確認しましょう。

 

「葬儀一式費用」の多くは基本プランに含まれていますが、祭壇や棺などのグレードをアップすると追加料金が発生します。

基本プランに含まれないもの

<(例)基本プランに含まれていないもの>

臨終~納棺枕経の読経料等、通夜振る舞い
お通夜~告別式お通夜・告別式の読経料等、精進落とし、返礼品、心付け

「接待飲食費」や「寺院費用」は葬儀社側では確定できないので、通常は含まれていません。

また、親族が遠方から参列する場合の交通費や宿泊費なども考える必要がありますね。

 

スポンサーリンク

 

事前の見積もりと請求額のズレ

見積書と請求書で大きく「ズレ」が出るのは、「変動費用」「消費税」「立替費用」が影響しています。

 

参列者数によって変動するもの

葬儀費用は「固定費用」と「変動費用」に分かれます。

固定費用葬儀基本費用、火葬料、葬儀場使用料、お布施(葬儀社の紹介に限り)
変動費用車両関係、返礼品、飲食接待

 

葬儀会場と火葬場との移動に使う車両、参列された人数×会葬返礼品の値段、通夜振る舞いや精進落しの料理の値段と用意する人数、これらが主な変動費用です。

 

消費税

「事前見積もり」と「請求額」のズレが起こる要因として、消費税が「税込」か「税抜」かも考えられます。

 

「消費税でそんなに変わるの?」と思うかもしれませんが、もし「税抜」で100万円だった場合、「税込」にすると108万円で8万円も増えてしまいますよね。

見積りの段階では、少しでも安く見せようと税抜き表示の葬儀社も多いようです。

 

葬儀社が立て替えて払う費用

葬儀社に支払う費用には「別の業者への立替金」があり、葬儀費用と一緒に請求されますが、事前見積書では記載されていないことがあります。

 

一般的に葬儀社は、下記のような費用を立て替えています。

葬儀社が立て替える費用
寝台車、霊柩車、マイクロバス、火葬料金、火葬場休憩室、斎場、通夜振る舞い、精進落とし、返礼品など

 

もし見積書に記載がなかったら、具体的に「火葬料金は?」「立替費用って含まれている?」といった質問をして、総額がいくらになるのかを把握しておきましょう。

 

下記の動画でも葬儀の見積書の見方について解説しています。
事例も交えて話していて、イメージしやすいので是非ご覧ください。

葬儀の見積書を読む時のポイントは? 市川愛の「教えて!お葬式」vol.22

 

スポンサーリンク

 

会員や互助会で安く葬儀ができるとは限らない


互助会のように加入者が毎月一定額の掛金を前払金として払い込むことによって、会員価格で冠婚葬祭のサービスができる仕組みがありますが、必ずしも安く葬儀できるわけではありません

たとえば互助会だと、下記のような注意点があります。

  • 利用できる式場が限られる
  • 葬儀のグレードが固定されていて変更できない
  • 積立金は葬儀費用の一部にしかならない
互助会の掛け金を充当する場合は式場やプランが決まっていて、簡素なプランを選べないことが多く、結果として高額な追加費用を請求されます。

 

また、地域の小規模な葬儀社でも、会員になって提示されている料金で葬儀ができることは少ないでしょう。

複数の葬儀社で比較してみると「安さ」や「サービス」の違いがわかりますので、時間に余裕があれば、いくつか見積書をとってみることをおすすめします。

 

まとめ

  • 見積もりの「基本プラン」に何が含まれているか理解し、ないのは追加料金があるのか確認
  • 見積書と請求書のズレは、「変動費用」「消費税」「立替金」
  • 会員になっても式場やプランなどに条件があって、結局安くならない場合もある

後から「人数が増えたから」「立替分があって」と請求額が高くなったら、後味が悪いですよね。

もちろん葬儀社がしっかりと説明すべきではありますが、あなたも葬儀費用を理解しておくと納得した葬儀となるでしょう。

関連記事「葬儀社とは費用以外に何を確認したらいいの?という方は、下記の記事で葬儀社との打ち合わせでのポイントを解説していますのでご覧ください。

葬儀社との打ち合わせのポイントとは|選び方や方針決めも重要
この記事では葬儀社との打ち合わせにおけるポイントをわかりやすく紹介しています。 また葬儀社を選ぶ際の選び方についても解説していますので、事前に選ぶ場合はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ