大手葬儀社の家族葬の費用を比較!安く抑える4つの方法もご紹介

家族葬の費用がどれくらいか気になりますよね。

また、家族葬を安く抑える方法も知っておくことで、終わってから後悔することのないようにしましょう。

  • 家族葬の費用の比較
  • 葬儀以外に必要な費用
  • 家族葬を安く抑える方法

この記事では家族葬の費用や、費用を安く抑える方法について解説します。

 

家族葬の費用の比較

大手葬儀社における家族葬の葬儀一式費用は43~85万円で、大手葬儀社10社だと「アーバンフューネス」が一番お安くなっています。

 

大手葬儀社10社の家族葬料金(30名)>

葬儀社料金(税込)
小さなお葬式49万円
ベルコ85万円
典礼会館63万円
ティア73万円
さがみ典礼58万円
玉泉院56万円
アーバンフューネス43万円
ファミーユ48万円
よりそうのお葬式45万円
イオンのお葬式50万円

 

なお「大手葬儀社10社の家族葬料金(30名)」には、通夜振る舞いや精進落としなどの飲食接待費や読経料などの寺院費用は含まれていません。

 

費用に含まれるもの
基本料金:祭壇、式進行管理、手続き代行、司会、受付設備、各種備品、線香等、枕・後飾り、会場使用料
付帯費用:棺、会葬礼状、遺影写真、ドライアイス、寝台車

 

葬儀以外に必要な費用

葬儀以外にもお料理や返礼品などの「飲食接待費」と、読経料や戒名料などの「寺院費用」があり、合計で80万円程度が必要です。

 

葬儀の費用は「葬儀一式費用」「飲食接待費」「寺院費用」の3つに分けられ、日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」では全国平均が195.7万円とされています。

 

費用項目内容全国平均
葬儀一式費用祭壇・葬儀の運営費など121万円
飲食接待費通夜振る舞い・精進落とし30万円
寺院費用読経料・戒名料・御膳料・御車代47万円

 

近親者のみで執り行われる家族葬の相場は91万円~112万円です。

 

近親者のみと人数が少ないことで、葬儀会場の大きさや飲食代が抑えられるのが影響しています。

 

こちらの動画では家族葬が一般葬よりも高くなるケースについて解説していますので、興味のある方はご覧ください。

第724回「格安をうたう『家族葬』じつは一般葬より高い例も、悪徳業者の見抜き方」葬儀・葬式ch

 

家族葬を安く抑える方法

家族葬を安く抑える方法には「定額プランの申込」「早割などの活用」「僧侶手配サービスの利用」「葬祭費を受ける」の4つがあります。
うまくすれば相場よりも安く家族葬ができるので、しっかりと確認しましょう。

 

定額プランの葬儀を申し込む

「次から次へとオプションサービスをつけられて高くなった」という事がないように、追加料金の発生しない定額プランの葬儀社を選んでみてはいかがでしょうか?

 

大手では「小さなお葬式」や「よりそうのお葬式」、「イオンのお葬式」等が定額プランを用意しています。

 

3社以外にも定額プランのある葬儀社はありますが、安さを重視するあまりに必要なものが含まれていない業者もあるのでご注意ください。

 

早割などを活用する

早めに葬儀の申込ができるのであれば、小さなお葬式は「早割」、よりそうのお葬式は「事前割」を活用することで、5万円以上もお安く葬儀をすることができます。

 

「早割」「事前割」とは、早く申し込むことによって葬儀費用が割引されるサービスです。
お申込み自体は無料で電話かネットで簡単にでき、更新手続きや有効期限も一切なく、必要なときには電話一本で葬儀を進めてくれます。

 

小さなお葬式の「早割」だと最大66,000円、よりそうのお葬式の「事前割」だと最大50,000円の割引が受けられます。

 

関連記事 小さなお葬式の早割について解説したこちらの記事もどうぞ

小さなお葬式の早割を徹底解説!申し込みをするだけで割引適用
「小さなお葬式の早割」について、仕組みや割引金額、申込み方法などを解説しています。実際に利用した人の口コミも取り上げていますので、「実際のところ」を知りたい方は是非ご覧ください。

 

関連記事 よりそうのお葬式の事前割について解説したこちらの記事もどうぞ

よりそうのお葬式の「事前割」とは?気になる口コミや評判も紹介
よりそうのお葬式の「事前割」の仕組みや注意点などについて解説します。 申込方法も詳しく書いていますので、よりそうのお葬式を検討している人は是非ご覧ください。

 

僧侶手配サービスを利用する

全国平均では47万円の寺院費用も、「僧侶手配サービス」を利用することにより半額以下に抑えることができます。

 

実績の多い僧侶手配サービスの料金を、いくつかご紹介します。

一般葬の読経料

お坊さん便14万円
てらくる16万円
お坊さん.Jp10万円

 

戒名の授与

お坊さん便2万円~
てらくる2万円~
お坊さん.Jp2万円~

 

上記の費用には御車代・御膳料は含まれていませんので、追加で5千円~2万円かかることも想定しておきましょう。

 

葬祭費の補助を活用する

故人が「国民健康保険」または「後期高齢者医療制度」の加入者だと「葬祭費」、「健康保険」だと「埋葬料」を、申請して受け取ることができます。

 

「葬祭費」と「埋葬料」の手続きについて確認しておきましょう。

<葬祭費の手続き>

手続き先市区町村役所の国民健康保険課、後期高齢者医療課
必要なもの葬祭費支給申請書、健康保険証(医療証)、印鑑、振込先の口座番号、領収書や会葬礼状など喪主を確認できるもの
補助金額3万円~7万円
申請期限葬儀をした日から2年以内

 

<埋葬料の手続き>

手続き先故人の勤務先が加入している健康保険組合か年金事務所
必要なもの健康保険埋葬料(費)請求書、健康保険証、埋葬許可証か死亡診断書の写し、印鑑、振込先の口座番号
補助金額5万円
申請期限死亡日から2年以内

 

葬祭費と埋葬料はどちらも申告をしなければ受け取ることができないことに注意しましょう。

 

まとめ

  • 大手葬儀社の家族葬の葬儀費用は43~85万円
  • 葬儀以外の費用には「飲食接待費」と「寺院費用」があり、両費用を合わせた相場は80万円程度
  • 家族葬を安く抑える4つの方法を利用できれば、10万以上も安く葬儀ができる

大切な人のための葬儀ですので、良いものを納得のいく値段でしたいですよね。

費用相場や安く抑える方法を頭に入れて、関係者に相談して決めていきましょう。

 

関連記事 定額プランの葬儀料金を比較したこちらの記事もおすすめです。

葬儀の定額プランを徹底比較!選ぶポイントや早期割引の活用について
葬儀形式ごとの特徴や定額プランの比較、選び方について解説しています。 葬儀後のサポートも紹介していますので、定額プランで考えている方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終
heyponをフォローする
人生のエピローグ