家族葬が激安の葬儀社|定額プランがベストな理由と葬儀費用を抑える方法

故人を丁重に見送ってあげたいけど、費用は安いほうが助かりますよね。

見積もりでは安く感じても「いざ葬儀後に請求されると思いのほか高かった!」なんてことがないように定額プランを中心に家族葬の葬儀社を比較してみましょう。

  • 家族葬が激安の葬儀社
  • 家族葬を安く抑える方法
  • 激安すぎる葬儀社には注意

この記事では、他に家族葬を安く抑える方法についても解説しています。

 

家族葬が激安の葬儀社

 

「小さなお葬式」「よりそうのお葬式」「イオンのお葬式」は定額プランで40~50万円の家族葬ができます。

 

小さなお葬式

葬儀実績は累計で15万件を突破し、4,000ほどある葬儀社の中で最も受注件数が多い会社です。

 

<小さなお葬式の家族葬>

家族葬の料金493,000円~
追加料金斎場使用料金の超過費(100,000円以上で発生)

指定外の火葬場だと60,000円

遺体安置の延長10,000円/日

付き添い安置50,000円/日

オプション通夜ぶるまい3,000円~/人

精進落とし5,000円~/人

返礼品1,000円~/人

50㎞以上の寝台車5,400円/10㎞

 

選べる葬儀場は全国で4,000以上あり、「早割」といったサービスを使うことで料金をもっと安くすることができます。

 

小さなお葬式の公式サイトはこちら

 

関連記事 小さなお葬式の早割について解説したこちらの記事もどうぞ

小さなお葬式の早割を徹底解説!申し込みをするだけで割引適用
「小さなお葬式の早割」について、仕組みや割引金額、申込み方法などを解説しています。実際に利用した人の口コミも取り上げていますので、「実際のところ」を知りたい方は是非ご覧ください。

 

よりそうのお葬式

「葬儀をもっとわかりやすく」をモットーに、「定額プラン」や「全国どこでも変わらないサービス」を提供し、他社に比べて低価格となっています。

 

<よりそうのお葬式の家族葬>

家族葬の料金438,000円~
追加料金斎場使用料金の超過費(50,000円以上で発生)

指定外の火葬場だと60,000円

火葬料金の超過費(15,000円以上で発生)

遺体安置の延長10,800円/日

付き添い安置54,000円/日

50㎞以上の寝台車5,400円/10㎞

オプション通夜ぶるまい・精進落とし3,240円~/人

返礼品540円~/人

 

利用可能な葬儀場は全国に3,000以上で、もし葬儀に満足してもらえなかったら「全額返金」を保証するというスタンスです。

 

「事前割」というサービスで、さらにお安く葬儀をすることができます。

 

よりそうのお葬式の公式サイトはこちら

 

関連記事 よりそうのお葬式の事前割について解説したこちらの記事もどうぞ

よりそうのお葬式の「事前割」とは?気になる口コミや評判も紹介
よりそうのお葬式の「事前割」の仕組みや注意点などについて解説します。 申込方法も詳しく書いていますので、よりそうのお葬式を検討している人は是非ご覧ください。

 

イオンのお葬式


出典:イオンのお葬式

独自で定めた「葬儀サービス品質基準」の研修を提携葬儀社に対して開催し、品質には徹底的なこだわりを持っていることから、お客様の評価も高いです。

 

<イオンのお葬式の家族葬>

家族葬の料金496,800円~
追加料金斎場使用料金の超過費(27,000円以上で発生)

火葬料金

遺体安置の延長10,800円/日

付き添い安置54,000円/日

50㎞以上の寝台車

オプション通夜ぶるまい

精進落とし(料金は要確認)

返礼品540円~/人

 

「お客様に寄り添ったお葬式を」という想いから、「お別れの儀式」「納棺の儀式」「オリジナル会葬礼状」など親身な対応が強みです。

 

イオンのお葬式の公式サイトはこちら

 

家族葬を安く抑える方法

「定額プラン」「僧侶手配サービス」で適正価格にし、「早割などの活用」「葬祭費などの申請」でお金を補てんするのが、家族葬を安く抑えるポイントです。

 

定額の葬儀を申し込む

「あれやこれやとサービスをつけられ、高額な葬儀費用を請求された」とならないように、追加料金の発生しない定額の葬儀に申し込むのも一つです。

 

定額プランは葬儀をするのに必要最小限のサービスしかないので、相場よりも安くなっています。

 

早割などを活用する

「早割(小さなお葬式)」や「事前割(よりそうのお葬式)」を活用すれば、5万円以上の割引を受けることができます。

「早割」「事前割」のポイント
  • 申し込みに費用は発生せず、申込確定日から30日以降で適用
  • 面倒な手続きはなく、電話かネットでお申込み
  • 有効期限・更新手続きがない
  • 必要なときには電話一本で葬儀を進めてくれる

 

小さなお葬式の「早割」であれば最大66,000円、よりそうのお葬式の「事前割」であれば最大50,000円の割引が適用されます。

 

イオンのお葬式でも「そなえ割」というサービスがはじまり、最大64,800円の割引が受けられるので要チェックです。

 

僧侶手配サービスを利用する

全国平均で40万円以上もする寺院費用が、「僧侶手配サービス」を利用することで半額以下に抑えることができます。

 

実績の多い僧侶手配サービスの料金をみてみましょう。

内容お坊さん便てらくる
火葬式の読経35,000円55,000円
一日葬の読経65,000円85,000円
一般葬の読経140,000円160,000円
戒名の授与20,000円~20,000円~

 

葬祭費の補助を活用する

故人が「国民健康保険」または「後期高齢者医療制度」に加入していれば「葬祭費」、「健康保険」であれば「埋葬料」を受けられます。

 

<葬祭費と埋葬料>

内容補助金額
国民健康保険の葬祭費30,000円~70,000円
後期高齢者医療制度の葬祭費30,000円~70,000円
健康保険の埋葬料50,000円

 

葬祭費は「葬儀を行った日から2年以内」に市区町村役場、埋葬料は「死後2年以内」に年金事務所・市区町村役場で申請します。

 

「家族葬で実際に安くなるかどうか」について、こちらの動画も参考になります。

第319回「家族葬は安くなるの?実例を踏まえて答えてみた」葬儀・葬式ch

 

激安すぎる葬儀社には注意

激安をアピールする葬儀社の中には安さを追求するあまりに、本来必要なものが基本プランに含まれてなくて、後から追加料金をとられることもあるのでご注意ください。

 

大手の定額プランには通常これらのサービスが含まれます。

定額プランに含まれるサービス

臨終~納棺寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、安置料金、仏衣一式、棺用布団、手続き代行
お通夜~告別式寝台車、案内看板、葬儀場利用料、生花祭壇、供花、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、白木位牌
火葬寝台車、運営スタッフ、火葬料金、骨壺、自宅飾り一式、会葬礼状

 

他社の激安家族葬で、これらのサービスが全部揃っているかを見比べてみるのもいいですね!

 

まとめ

  • 激安葬儀社の中には必要なものが含まれていない場合がある
  • 「小さなお葬式」「よりそうのお葬式」「イオンのお葬式」だと40~50万円で可能
  • 家族葬を安く抑えるポイントを活用する

家族葬が「いくらくらい」で「どのサービスが必要か」を知っていれば、激安葬儀社を選ぶ際に失敗しないでしょう。

 

 

関連記事 激安の葬儀社を8社紹介しているこちらの記事も併せてどうぞ!

【料金で比較】激安の葬儀社8選|表面的な安さに騙されないコツ
大手から地域まで、定額プランを提示する葬儀社をご紹介します。 激安な葬儀社を検討する際の注意点も解説していますので、悩んでいる方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

生前準備~ご臨終通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ