曹洞宗の戒名によく使われる漢字熟語や戒名授与の金額相場

一口に仏教と言っても、様々な宗派が存在します。

曹洞宗(そうとうしゅう)は、臨済宗・黄檗宗(おうばくしゅう)と並ぶ禅宗の一派とされています。

鎌倉時代に道元禅師(どうげんぜんじ)が中国から禅宗を伝え、瑩山禅師(けいざんぜんじ)が基礎を作り上げました。

道元禅師は教義や修行などの根本を坐禅に置き、それを「正伝の仏法」と定めました。

曹洞宗ではご本尊である釈迦牟尼仏と共に、道元禅師及び瑩山禅師も合わせて「一仏両祖(いちぶつりょうそ)」として崇めます。

ここでは、そんな曹洞宗の戒名について詳しくご紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

曹洞宗の戒名の構成や文字数・ランク

戒名は他の宗派では法名・法号ともいわれますが、曹洞宗では戒名と呼ぶのが普通です。

戒名は仏の弟子としての名前で、一般的に菩提寺の僧侶から戒名を授かります。

本来は生前にいただくものでしたが、お寺とのつながりが薄れてきた現代では、亡くなった後に授かるのが一般的になりました。


出典:定額葬儀 縁

曹洞宗の戒名の文字数は、特に他の宗派と変わりはありません。

基本となるのは道号・戒名・位号を合わせた6文字ですが、菩提寺との関係性や社会的な貢献度・経済力・人柄などから判断されて院殿号院号を授かることもあります。

この場合は「院号・道号・戒名・位号」の全9文字になります。

以下に、それぞれの用語の意味や由来をまとめました。

  • 院号:上皇や法皇の居住場所を院と呼んでいたことに由来します。
  • 院殿号:武士が院号と区別するために、殿の文字を入れたことから生まれたとされています。
  • 道号:戒名の前に付けられる名前で、元々は自分の希望や悟りの内容を表現してつけられました。その人の功績や趣味・特技などを表す言葉や、地名などが使われることもあります。
  • 戒名:仏の弟子としての名前です。曹洞宗の場合、道号と戒名は経典や漢詩などから付けられることも多いです。
  • 位号:故人の位や性別を表す部分です。お寺や社会に貢献し人柄に優れ、信仰心の篤かった人ほど位が高くなります。居士(男性)・大姉(女性)が最高位で、禅定門(男性)・禅定尼(女性)、信士(男性)・信女(女性)と続きます。

曹洞宗の戒名は4つの経典から付けられることが多い

前述したように、曹洞宗の戒名は経典である『修証義』『般若心経』『正法眼蔵』『伝光録』などから付けられるケースが多く見られます。

道号と戒名にそれぞれ熟語をあてはめ、対句とすることもあります。
 

スポンサーリンク

 

曹洞宗の戒名で使われる漢字熟語の例と意味

以下では、曹洞宗の宗典『修証義』の中から戒名に使用される漢字熟語の例をご紹介しましょう。

「若く美しい顔」という意味の「紅顔

「紅顔の美少年」という言葉もあるように、紅顔とは若く健康的な血色の良い少年の顔のことを指します。

『修証義』第1章より

紅顔いづくへか去りにし、尋ねんとするに蹤跡(しょうせき)なし。

(現代語訳)少年の日の若さにあふれたあの顔は、どこへいってしまったのでしょう。探し求めようとしても、あとかたもありません。

出典:曹洞宗 貞昌院

「清らかな身」という意味の「清浄」

清浄は穢れがなく清らかなことを言い、仏教では罪や煩悩がない状態を指します。

『修証義』2章より

又滅罪清浄(めつざいしょうじょう)ならしむるなり。

(現代語訳)また、さらにいえば、心は清々しい爽やかな気持ちに戻らせてもらえるのである。

出典:曹洞宗 貞昌院

「純粋な信仰心」という意味の「心念」

心念は、読んで字のごとく「心に念じること」を表します。

『修証義』第2章より

心念身儀(しんねんしんぎ)発露(ほつろ)白仏(びゃくぶつ)すべし

(現代語訳)だから、仏祖の慈悲を心に念じ、端坐合掌(たんざがっしょう)、懺悔(ざんげ)の文を口に唱えて、一切を告白するがよい。

出典:曹洞宗 貞昌院

「罪を暴きさらけ出す」という意味の「発露(ほつろ)」

表面に現れること、隠し事などが暴かれることを表す言葉です。

『修証義』第2章より

発露(ほつろ)の力罪根(ざいこん)をして消滅せしめ、銷殞(しょういん)せしむるなり。

(現代語訳)自分をさらけ出し、投げ出すまごころの力は、必ずや罪過をつくり出す根ともいうべき貪瞋癡(どんじんち)の妄想を清浄なる心境に至らしめてくれるのである。懺悔こそ新生の第一歩である。

出典:曹洞宗 貞昌院
 

スポンサーリンク

 

曹洞宗の戒名の相場は30万円から100万円

曹洞宗の戒名の相場は地域やお寺、位号のランクなどによってまちまちですが、30万円~100万円が一般的です。

最近では、比較的安価で戒名を授かることのできるサービスもあるので、検討してみるのも良いでしょう。

とはいえ菩提寺との関係もありますから、そういったサービスを利用する場合は事前に菩提寺に確認を取ることをおすすめします。

 

まとめ

  • 曹洞宗は道元禅師を祖とする禅宗の一派
  • 曹洞宗の戒名は「道号・戒名・位号」の合計6文字が一般的
  • 信仰に篤くお寺や社会に貢献度の高かった人は院号・院殿号を授かることができる
  • 曹洞宗の戒名は経典の中の言葉が使われることも多い
  • 曹洞宗の戒名の相場はお寺や授かる位にもよるが、だいたい30~100万円程度
  • リーズナブルな戒名のサービスもあるが、事前に菩提寺に確認した上で利用する方が良い

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ