後飾り祭壇はいつまで飾るの?設置場所や宗教別のお供えものについて

葬儀を終えてホッとしたところで、次は後飾り祭壇を置かなければなりません。

後飾り祭壇は、宗教によって設置期間やお供え物などが異なるのをご存知でしょうか?

  • 設置期間における宗教別の違い
  • 宗教別に異なる飾り方やお供え物
  • 後飾り祭壇の処分方法

この記事では、上記のような後飾り祭壇を設置する際のポイントについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

後飾り祭壇は宗教によっていつまで飾るかが異なる

まずは、後飾り祭壇の意味合いや宗教別に異なる設置期間、設置場所について解説します。

 

後飾り祭壇はお骨のための一時的な安置場所


出典:公営斎場でのお葬式

「後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」とは、火葬して持ち帰った故人の遺骨を安置する祭壇をいいます。

関西では、死亡してから四十九日までの間を指す「中陰(ちゅういん)に飾ることから、中陰壇とも呼ばれています。

 

後飾り祭壇を作るのは安置場所だけでなく、故人の冥福を祈る場所ともされます。

また、お葬式に参列できなった人が弔問する際に、お参りする大切な場所です。

 

後飾り祭壇の設置場所に決まりはない

「後飾り祭壇はどこに設置すればいいんだろう?」

実は、設置場所に決まりはありません。

 

仏壇の前か、仏壇がない場合は部屋の北側か西側に設置するのが一般的です。

 

向きについては、仏壇だと「南向きがよい」「東向きがよい」等といわれますが、あくまで仮の祭壇なので、特にこだわる必要はありません。

 

後飾り祭壇を使うのは忌明けまで

仏式や神式においては、後飾り祭壇は四十九日の忌明け法要まで設置するとされています。

 

四十九日は、初七日から七日ごとに受けた裁きにより、来世の行き先が決まる重要な人であり、「満中陰(まんちゅういん)」とも呼ばれます。

 

忌明け法要までは、毎日ろうそくを灯し、お線香を焚いて故人の冥福を祈ります。

 

キリスト教では、忌中の考えはないのですが、追悼ミサか昇天記念日まで安置することが多いです。

追悼ミサ:亡くなってから七日後
昇天記念日:亡くなってから一ヶ月後

 

スポンサーリンク

 

宗派別後飾り祭壇とお供え物

続いて、宗教別に異なる後飾り祭壇の小物や飾り方、お供え物について解説します。

 

仏教では線香を絶やさず毎日ろうそくを灯す

仏教では、忌明け法要までの四十九日間、後飾り祭壇の線香やろうそくの火を毎日絶やさないとされています。

線香をあげるのは、下記のような理由があるからです。

  • 自身の身と心を清める
  • 故人の食べ物
  • あの世への道しるべ
  • 線香をあげることで故人に思いを伝える

あの世での行き先が決まる四十九日間、故人の唯一の食べ物は線香です。

仏教において「火」は「道しるべ」とされています。

線香とともにろうそくを灯すことで、「あの世に無事たどり着くための道しるべとなるように」という願いが込められています。

 

仏式では白木で作られている2~3段の祭壇を用います。

仏式の後飾りに使う仏具・小物と飾り方、お供え物を下記の通りです。

出典:正しい直葬の基礎知識

仏式の後飾りで使う仏具と小物
2段もしくは3段の棚、白い布、遺骨、遺影、写真立て、仮位牌(白木位牌)、香炉、線香立て、線香、ろうそく立て、ろうそく、花立て、生花、鈴(リン)、鈴棒、茶器、仏飯器、焼香台

 

仏式の仏具の飾り方
上段:遺骨、遺影
中段:仮位牌(白木位牌)
下段:香炉、線香立て、ろうそく立て、花立て、鈴、鈴棒、茶器、仏飯器、焼香台

 

後飾りに使われる仏具の多くは、仏壇で使われているので、既に仏壇を持っている場合は改めて準備する必要はありません。

 

仏式のお供え物

仏飯、お茶、お菓子、果物、お膳、生花

仏飯は、毎日最初の炊きたてご飯をお供えします。

 

関連記事 ろうそくの選び方や便利グッズなどは下記の記事でも解説しています。

お仏壇のろうそくの選び方|消すときのマナーや便利グッズ
この記事では、お仏壇にろうそくを灯す意味やろうそくの種類と選び方について詳しく解説します。お仏壇に灯すろうそくの選び方で迷っている方、ろうそくの意味を知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

浄土真宗では祭壇の上段に阿弥陀如来の掛け軸を飾る

浄土真宗は「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」の考えから、他の宗派とは異なる部分があります。

 

浄土真宗の異なる部分は下記のとおりです。

浄土真宗の仏具と小物
  • 阿弥陀如来の掛け軸
  • 樒(しきみ)
  • 香炉、線香立て、ろうそく立て、茶器、仏飯器、焼香台がない場合もある

 

浄土真宗の飾り方
  • 祭壇の上段中央には阿弥陀如来の掛け軸を飾る
  • 花立てには樒を飾る

 

浄土真宗のお供え物
  • 仏前や茶湯はお供えしないことが正式とされる

 

神道で八足の祭壇を使う時は仮霊舎用の段が必要

神式では、仏式と同じ祭壇を使う場合もありますが、正式には白木で作られた八足の祭壇を用います。

八足の祭壇とは、片足に4本ずつ脚をつけた台のことを指します。

 

神式の後飾りに使う仏具・小物と配置、お供え物をは下記の通りです。


出典:正しい直葬の基礎知識

 

神式の後飾りで使う仏具と小物

八足の3段の棚、白い布、遺骨、遺影、写真立て、霊璽、榊立、榊、火立て、ろうそく、三方、徳利、水玉(水器)、皿、玉串

 

神式の飾り方

上段:遺骨、遺影
中段:霊璽、榊立
下段:火立、三方(上に徳利、水玉、皿を置く)、玉串

 

神式のお供え物

お神酒、水、洗米、塩

特に決まりはありませんので、果物をお供えしてもよいでしょう。

 

神式では遺骨が火葬場から家に戻ると、無事に葬儀を終えたことを神様に報告する「帰家祭(きかさい)」という儀式を執り行います。

 

キリスト教では特に決まりはない

キリスト教の後飾りでは一般的には小さなテーブルに白い布を被せた台を用います。

キリスト教の後飾りに使う仏具・小物と配置、お供え物は下記の通りです。


出典:正しい直葬の基礎知識

 

キリスト式の後飾りで使う仏具と小物

小さめのテーブル、白い布、遺骨、遺影、写真立て、花立て、生花、ろうそく立て、ろうそく、聖書、皿、パン

信者は持っている祭壇を使えるため、後飾りとして準備するのは遺骨や遺影以外とくにありません。

仏式や神式に比べて、とてもシンプルな後飾りになります。

 

キリスト教式の飾り方

上段:十字架
中段:遺骨、遺影
下段:花立て、ろうそく立て、聖書、皿(パンを上にのせる)

 

キリスト教式のお供え物

パン、お菓子、果物

特に決まりはないため、お菓子や果物は故人が好きだったものをお供えしてあげましょう。

 

最近では、簡単に作れる後飾り祭壇もありますので、興味のある方は下記の動画をご覧ください。

後飾り祭壇 合同会社ヘブンセーリング  0569-28-5488

 

後飾り祭壇の処分方法

設置期間を過ぎた後飾り祭壇は、自治体のルールに合わせて自身で処分できます。

 

ろうそく立てなど陶器製仏具も、「燃えないごみ」として処分して問題ありません。

処分に困った場合は、葬儀を依頼した葬儀社に連絡して引き取りの相談をしましょう。

 

ただし、白木位牌は勝手に処分してしまわないように注意してください。

 

白木位牌は忌明け法要の時期に、「本位牌」に置きかえます。

忌明け法要の際に、故人の魂が入っている白木位牌から本位牌に魂入れをしてもらいます(位牌開眼)。魂を抜かれた白木位牌は、僧侶が引き取って焚き上げます。

 

葬儀や忌明け法要を依頼した僧侶に、焚き上げの供養をお願いするのが望ましいです。

 

まとめ

  • 仏教・神道は忌明け法要まで、キリスト教は追悼ミサまたは昇天記念日まで設置する
  • 使用する仏具や小物・飾り方・お供え物・供養方法は、仏教・神道・キリスト教で違う
  • 仏教の中でも、浄土真宗の後飾り祭壇における決まりは異なる
  • 自治体のルールに従い処分するが、白木位牌は本位牌に置きかえることに注意する

故人の冥福を祈るために、後飾り祭壇を設置します。

葬儀の後も中々ゆっくりできませんが、決まりや設置期間を守りながら、この世で故人のためにできることをしましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ