御仏前

法事・法要

御仏前の「お返し」とのし|香典返しの掛け紙の書き方と挨拶状

四十九日の法要はもう済んだのに、その後で訃報を知った方からご丁寧に香典を頂くことがあります。 四十九日を過ぎた後でも、頂いた香典にはお返しをするのが当然のマナーです。 葬儀の時やその直後は不祝儀袋の表に「御霊前」と書かれていたものが...
法事・法要

御仏前はいつまで?|香典袋の表書きが御霊前に変わるタイミング

お葬式で香典を持っていく時は一般的に「御霊前」と表書きをしています。 お葬式の後に追善供養や年忌法要があり、招かれて参加するときも香典を包むのがマナーです。 このような場合、香典の表書きは「御霊前」のままで大丈夫なのでしょうか。 ...
法事・法要

夫婦で参列する場合の御仏前の書き方|香典袋の表書きや金額について

夫婦で親しくしていた方が亡くなった時、香典は夫婦で出すものなのかそれぞれで出すものなのかご存知でしょうか。 香典の包みは一家族で一つが基本です。 夫婦で出す場合は「夫の名前」「夫婦連名」、参列するのが夫婦と妻が代理で参列する時の...
法事・法要

お盆の御仏前の相場金額|不祝儀袋の表書きと供物・供花の相場

故人が亡くなって四十九日を過ぎてから、初めて迎えるお盆のことを初盆と言います。 毎年夏にやって来るお盆は、私たち日本人にとってご先祖様の供養の為に欠かすことができません。 中でも亡くなって初めて迎える初盆は重要とされ、念入りに供養す...
法事・法要

三回忌の法要での御仏前として包む金額|香典の相場と香典袋やマナー

三回忌の法要に招かれたときは供物をもって伺うのが正式ですが、最近では代わりに現金を包むのが一般的になっています。 仏式では、「御仏前」「御供物料」「御香料」と表書きしたのし袋でお渡しします。 三回忌の香典の金額の相場は、故人との関係...