新盆

宗教・宗派

初盆の準備と法事の流れ|宗教別の考えやお盆に行われる行事

8月になると夏の暑さが厳しくなるとともに、どこか神秘的なお盆の季節がやってきます。忌明けを過ぎてから迎えるお盆を初盆といいますが、初盆の法事は必ずするのでしょうか。この記事では、「初盆の法事をしなくていい理由」「お盆は日本特有の風習」「初盆に執り行う法事」「初盆に準備するもの」といった初盆を迎えるにあたり気を付けることを解説します。初盆を控えている方、初盆の法事をするか迷っている方は、ぜひご参考にしてください。
法事・法要

新盆に贈るお供え物に手紙は必要?文例と注意すべきポイント

「親戚の新盆に参列できないとき、どうすればいいの?」 四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆が新盆(にいぼん)です。 法要には親族や友人・知人が参列し、僧侶の読経もあり、重要な儀式とされています。 とはいえ、遠方だったりどうしても優...
宗教・宗派

無宗教の新盆の儀式|故人を偲ぶ食事会やお盆の行事

最近の葬儀は、昔と比べると家族葬などの小規模なものが増えて来ました。 葬儀の内容も僧侶を呼ばず、読経もしないという一昔前なら考えられないようなものもあります。 無宗教の場合は自由に供養ができると言われていますが、逆にそれが悩みの種に...
法事・法要

天台宗の新盆に用意するお布施の金額の目安とお布施袋の選び方やマナー

比叡山を開いて日本に天台大師「智顗(ちぎ)」の教えを伝えたのが、天台宗の祖といわれる最澄(さいちょう)です。 妙法蓮華経(法華経)の教えを唱える大乗仏教の一派で、比叡山を本山に全国に宗徒を抱えています。 天台宗の葬儀は仏教の他の宗派...
法事・法要

新盆の提灯に家紋が付いている理由|新たに作る場合は早めに注文

お盆には日本全国で各地の特色のあるさまざまな伝統行事が行われます。 お盆の行事は古くからの農耕儀礼や祖霊信仰などが融合して伝わった風習が多く、地域や宗派によってさまざま違いがあります。 そんな祖先の霊を迎えするお盆、提灯を飾る風習が...