遺体

通夜・告別式

死亡後24時間以内の火葬が禁止される理由|墓地埋葬法から解説

死亡してから24時間以内に火葬することは、法律によって禁止されています。 この記事では、「死後24時間以内の火葬を禁止する法律」「死亡届や火葬許可証の義務付け」「違反した場合に受ける罰則」ような火葬に関する法律について条文も交えて解説します。
生前準備~ご臨終

突然死での検死の流れ|検案と検視の違いや気を付けること

遺体の検死は状況や死亡までの経緯で流れが異なり、亡くなってから遺体の引き渡しまでに時間がかかる場合もあります。 この記事では、「突然死の場合は基本的に検視」「検案・検視で調べる内容」「解剖は検案・検視でわからない場合に実施される」「犯罪性があるかどうかで解剖の内容も異なる」ような突然身内に不幸が訪れたときの流れや動きを解説します。
通夜・告別式

エンバーミングで葬儀までの期間を延長|費用相場や業者選びの注意点

この記事では、エンバーミングによってご遺体の保存期間を延ばす方法やエンバーミングの費用相場、葬儀社を選ぶときのポイントについて解説します。エンバーミングを検討している方はぜひ参考にしてください。
通夜・告別式

寝台車でご遺体を運ぶ時のポイント|自家用車での搬送はNGな理由

最近では病院や施設で亡くなる方が多くなっています。 亡くなった場所から葬儀の場所まで、あるいは自宅まで遺体を搬送しなければなりません。 『昔は自家用車で病院から戻ってきた』 そんな記憶のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ...
通夜・告別式

孤独死した遺体の引き取り拒否の手続き|引き取る場合の葬儀の流れ

核家族化が進み、一人暮らしの世帯が多くなってきています。 家族が一緒に住んでいない人が亡くなって発見されたときを『孤独死』と呼んでいます。 孤独死という言葉が使われ始めたのは、1970年代以降です。 広く一般に認知されたのは、阪神...
通夜・告別式

棺の遺体との対面時の心得とマナー|遺族の感情を考えて注意すること

事故や事件・不審死で亡くなった人の遺体は、警察署で検視や検死が必要と判断されると警察の遺体の安置場所へ移動します。 連絡を受けた遺族も遺体との対面は遺体の安置場所です。 対面のとき、遺体の状態によっては安置の状態が変わってきます。 遺...
その他

遺体安置の期間|安置方法や安置場所による費用の目安

かつてダイアナ元妃が亡くなった時、宮殿に遺体を一週間ほど安置して国民が宮殿前に押し寄せている映像が流れていました。 気候の違いが大きいでしょうが蒸し暑い日本では、亡くなったその日や翌日にはお通夜をして葬儀・告別式をする日程がほとんどでしょ...